はなまるうどんがショッピングセンターに続々!!フードコートへの出店強化の動き。

はなまるうどんがショッピングセンターに続々!!フードコートへの出店強化の動き。

吉野家ホールディングス傘下でうどん店を展開しているはなまるは、前期よりショッピングセンター(SC)内のフードコート出店を強化しており、約40点をSC内に出店することを決めている。

 

中四国・九州を強化し収益源を強化!!

讃岐うどん店「はなまるうどん」は2月期から大量出店が続くとしている。前期は44店を出店しており、当初は手薄な関西や中京の都心部に出店する予定だったが、首都圏よりも人口が少ないものの競合他社が多く、採算の面で課題があったため、北海道などの地方の商業施設のフードコート内を強化した。

今期は店舗網が手薄な中四国や九州のSC内に出店を強化し、イオンなど大手に加えて、各地で高い集客力を持つ地方スーパーが開発する商業施設にも積極的に出店していくとしている。

最近は施設の改装などで出店の引き合いが多く、SC内に出店を強化したい同社にとっては追い風となる状況だ。

SC内であれば一定の客数が見込めることから安定した採算の確保がしやすいといったメリットがある。

しかし、競合他社に関してもSC内への出店を強化しているようで、フレッシュネス(東京・中央)も出店を強化している。

モスフードサービスはパスタ専門店「ミアクッチーナ」を開発し店舗網をじわじわ拡大している。

ただし、SC内の店舗の入れ替わりは激しく、短期間で利益を生み出す必要があり、そうした仕組みづくりがSC内出店へのカギとなってきそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

讃岐うどんのはなまるうどん

牛丼 吉野家

フレッシュネスバーガー

モスバーガー


関連記事

スマホで薬を予約できるサービス開始!

yoyakusuri

大衆薬・日用品のインターネット通販大手のケンコーコムはスマートフォン(スマホ)を使った調剤薬局に処方薬の予約サービスを本格展開するようだ。さらに、夏からはこの予約サービスを活用した製薬会社向け公告事業も始めるという。 「 […]

詳細を見る

ビジネスにもプライベートにも使えるリュックは実はアウトドアブランド!?

Luc

仕事とプライベートで使うカバンは分けていますか。 ビジネスシーンで一般的に使われているバッグとプライベートで使うバッグはデザインや色などの観点から使い分けているという人も多いのではないでしょうか。 できればオンもオフも兼 […]

詳細を見る

京都でライドシェアが「高齢者の足」として定着!

車

京都府北部の京丹後市丹後町では、一般人がマイカーを使って有料で客を送迎する「ライドシェア」が実施されている。 開始から半年、ウーバーの協力の下、地元NPOがサービスを滞りなく提供しており、固定客もついてきており、全国の市 […]

詳細を見る