伊藤忠食品、商品取り扱い数を1万1500品へ。

スーパーマーケット 商品卸大手の伊藤忠食品は2016年度中に地方の中小メーカーが開発・製造した商品の取り扱い数を、15年度比1.4倍の1万1500品に増やすとしている。 ブランド力には乏しいが、素材や製法にこだわった商品を掘り起こして、ほかの卸との違いを打ち出す方針だ。  

売り場作りの提案も実施。こだわり商品を訴求。

地域の産品を全国で消費してもらう「地域全消」を掲げ、各地の商工会議所や銀行などと連携して進めるとしている。 常温、冷蔵、冷凍と温度帯は問わず、菓子や酒類、スイーツなど幅広く扱う。 各都道府県に商品をまとめて、百貨店やスーパーに「地域セレクション」として提案する試みも本格的にはじめるとしている。 北海道、兵庫、京都、香川、高知、岡山に対象を拡大する方針で、産地名を前面に打ち出したフェアの開催など、特色ある売り場作りの提案も実施する。 また、商品の共同開発にも注力しており、堺市の地酒メーカー、堺泉酒造と組んで「千利休つくり酒屋の麹仕込み あまざけ」(150グラム入り、税別550円)を商品化した。 マッシュビューティーラボ(東京・千代田)が運営する「ピープル バイ コスメキッチン」で先行発売し、今後は百貨店やスーパーにも販路を広げていく方針だ。 商品開発力が高いが、販路の拡大に悩む地方のメーカーが多いことに着目し、伊藤忠食品は全国に販売網を持つ強みを生かして、ユニークな商品を数多く取り揃えることで小売店との取引を広げて、地域の食文化の活性化にも繋げていく考えだ。 【「日経MJ」より一部抜粋。】

関連記事

託児所の「ママズスマイル」がフランチャイズチェーン展開に。

mother

女性の社会進出が顕著になってきているが、子供を産んだ後に社会復帰するにも子育てをしながらということになるので難しい面がある。 そうした悩みを抱えている母親は多いだろう。その悩みを解決、サポートしてくれるのが託児所の存在だ […]

詳細を見る

お昼の居酒屋利用が増えている!?

beer

お昼を居酒屋で楽しむといったシニアや親子連れ、修学旅行生が増えているという。 しっかり食べたい、夜出かけるのは難しい、訪日外国人が増えて団体で食事ができないといったケースが増えているため、お昼にも空いている居酒屋の宴会席 […]

詳細を見る

「タリーズコーヒー」ブランドのコーヒー飲料が人気に。

coffee

毎朝、まずはコーヒーを飲むという人は多いのではないだろうか。 ほろ苦い味と鼻から抜ける香りは朝にぴったりな飲み物と言えるだろう。 伊藤園の「タリーズコーヒー」ブランドのコーヒー飲料が今人気となっている。   タ […]

詳細を見る