女性服も青山!?女性マネージャーが変革を起こす!?

女性服も青山!?女性マネージャーが変革を起こす!?

紳士服チェーン最大手の青山商事が新たに女性客を取り込むために新しい役職を導入し、女性を登用するほか、女性向けの商品開発や接客を充実させるとしている。

 

紳士服の青山がレディース向け商品を強化!!レディースマネージャーによる新たな展開へ。

紳士服の青山は、その名の通り、男性向けスーツやジャケットなどを中心に販売を行っていたが、最近はクールビズの浸透により男性用スーツの市場縮小が続いている。

そこで社会進出が進む女性に焦点をあてることで新たな商機を見出そうと動き出した。

レディースマネージャーによる会議内容は…。

4月下旬に大阪の大型店に勤めている「レディースマネージャー」の初会議が開催された。

テーブルについた15人全員が女性で、そのうち6人はレディースマネージャーといった役職がついている。

販売実績や社内資格を得た精鋭ばかりで、まるで井戸端会議のように社外秘の資料を見ながら顧客の声やニーズを話し、幹部に要望を伝えていた。

上司に直接言いにくいような要望もどんどん飛び出しており、「レースつきのかわいいカットソーをもっと増やしてほしい」「現場の意見をより反映しやすい仕組みをつくってほしい」など様々な声が聞かれた。

販売フロアでの新商品の見せ方を学ぶ研修も用意されており、今後も月1回程度開催するとしている。

2月下旬には女性向け専門店「ホワイト・ザ・スーツカンパニー」を出店。

東京・新宿の1号店はスタッフ約20人が全員女性で、開店5ヶ月で計画の5割を上回る売上となっているようだ。

新たなニーズを汲み取り変革を促すレディースマネージャーのアイデアには期待が高まる。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

2016年のGWの予定は外食が1位!?旅行や買い物も人気に。

Holiday

今年もだんだんと大型連休のゴールデンウィーク(GW)が近づいてきた。 毎年、経済状況によりGWの計画を変えている人が多いだろうが、今年は一体どういった傾向にあるのだろうか。   予算2万円未満が多数!!外食に旅 […]

詳細を見る

生協が提案力に磨き顧客データを分析・活用へ。

メール

生協はコープの配達員全員にスマホを配備した。 これは、組合員の要望を汲み取るための策の一環で、コープさっぽろ(札幌市)ではスマホを片手に注文履歴を参考に「御用聞き」をする。 また、コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は […]

詳細を見る

人材不足が続く小売業。営業時間短縮し離職防止策も!?

zinzai

小売業界が深刻な人手不足となっている。 必要な人員を確保できていない企業が増えており、16年度においてもさらに拡大する見込みとなっている。   2社に1社は人材不足!?小売業界の課題。 スーパー、オオゼキの幹部 […]

詳細を見る