会話ロボが介護の現場で人手不足を補う!?

ロボット

グループホーム大手のメディカル・ケア・サービス(MCS、さいたま市)は、介護施設でのIT(情報技術)化を加速させており、例えば、入居者の睡眠状態をセンサーで把握したり、会話ロボットを導入することで人手不足を補うといった内容を進めるとしている。

介護施設で満足度を高めることができるITを使ったサービス。

富士ソフトの会話ロボット「パルロ」はロボットが歌うメロディーにあわせて入居者が「もみじ」を歌っていた。

同商品を売り出したのは2012年のことで、カメラで撮影した情報を元に100人以上の人を識別することが可能なほか、人の声に反応してうたったり踊ったりすることができる。

9月末時点で累計600台を販売しており、MCSは昨年夏からパルロの導入を始めている。

導入に踏み切ったきっかけは、人手不足が常態化するなかで職員の負担軽減や、入居者に対する満足度向上が狙いにある。

パルロに「レクリエーションやって」と話しかけると、30種類以上の楽曲、12種類のダンスなどから3つの項目を選んで、約20分のプログラムを自動で作ってくれるという。

ダンスの方法も入居者に説明してくれるという便利さだ。

今後、さらなるIT化を進めていく方針で、12月にも入居者が眠っているかどうかを確認できるセンサーを設置する方針だ。

これにより、認知症患者の深夜徘徊による施設からの脱走などを未然に防ぐことができるようになる。

IT化は現場の負担軽減に繋がると考えられており、これらの技術の活用は急務となっている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

「スマートホテル」が7月に開業!?

smart-hotel

スマートホテルを知っているだろうか。これはハウステンボス(長崎県佐世保市)が発表した、省人・省エネを最新のITを用いて運営するホテルのことで、格安で宿泊ができるということで話題を呼んでいる。 接客ロボット導入で人件費を削 […]

詳細を見る

スシローの新業態「回らない」カフェ風店舗!

susi

回転寿司の最大手・あきんどスシローが手がける、目新しい新業態の店舗である「ツマミグイ」が東京・中目黒にオープンした。今までは郊外を中心で展開をしていたスシローだが、今回出店した新業態は、初の都市部への出店となっている。既 […]

詳細を見る

全国で広がる地域限定社員って?仕事と介護の両立?

kyoto

昔は転勤族などと言われ、転勤を余儀なくされる会社員が一般的に居たが日本における環境が変化してきた今、そうしたこともなくなりそうだ。 介護と仕事を両立できる、地域限定社員といったシステムが全国へ拡大しつつあるようだ。 少子 […]

詳細を見る