「経営者」人材を探す!?ファーストリテイリングがインターンを海外派遣へ。

「経営者」人材を探す!?ファーストリテイリングがインターンを海外派遣へ。

「ユニクロ」に代表されるファーストリテイリングが海外インターン生として学生73人を世界5都市に派遣したことで注目が集まっている。

現地法人の最高経営責任者(CEO)クラスの人物が応対するほか、旅費は全額会社持ちだという。

そこまでする狙いとは一体どこにあるのだろうか。

 

目的は「次のリーダー」探し!?幹部候補生の確保へ動く。

ファストリの東京本部が入っているミッドタウン・タワー(東京・港)の4階では若者が登壇して次々とプレゼント行っている姿が確認された。

これはファストリが開いた「グローバルスタディプログラム」の最終発表会で、登壇していたのはそれぞれインターンの学生だ。

会場には「社内でも捕まえるのが大変」(関係者)といわれているグループ上席執行役員の岡崎健最高財務責任者(CFO)や小山紀昭社長室長など幹部4人が参加していた。

応募した2400人の中から選ばれた学生のたちは中国・上海、台湾・台北、オーストラリア・メルボルン、英・ロンドン、シンガポールの5都市に約1週間滞在してもらい、店舗見学のほかに大学でのヒアリング調査などを経て成長戦略を現地法人CEOらに提案するという内容のインターンとなっている。

ファストリの多忙な幹部も参加して、費用も手間もかかる学生の海外インターンを実行したかという背景には、「次のリーダー」探しといった目的がある。

インターン経験者から口コミで「類は友を呼ぶ」効果も期待し、SNS(交流サイト)や大学のゼミ、サークルなどでイメージの共有を狙うとしている。

同社は今後の同様の海外インターンも含めて、継続的に経営者候補探しの活動を行うという。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

お菓子を買って産地へ観光!?QRコードを読み取り旅行へ。

町並み

東日本旅客鉄道(JR東日本)はJTBパブリッシング(東京・新宿)と組んで、地産品を使って観光情報を発信するとしている。 菓子にQRコードを表記して、産地の観光情報を取得できるようにすることで、旅行を促し沿線地域の活性化を […]

詳細を見る

生協ドライバーが生活の安心も一緒に配達。

woman

生活共同組合が高齢者の見守り体制を拡充しており注目が集まっている。 各地域で自治体と見守り協定の締結を進めており、見守りと共に介護サービスも拡充しており、組合員の高齢化に対応して、家族の安全も含めた生活の安心を担うとして […]

詳細を見る

増える労働者派遣法違反の事業所とその対処。

paper

世の中の雇用を促すシステムとして、労働者派遣事業や民間職業紹介事業については、労働力の需給調整を行う役割を担っているが、当然、一歩間違えると人身売買になりかねない。 そこで必ず許可が必要になってくるが、無許可、無届にも関 […]

詳細を見る