黄砂は一体どこからやってくるのか

これからの季節、毎年どこから黄砂が飛んでくるのだろうか。

黄砂の発生

スマートホテル黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などや黄土地帯から強風により吹き上げられて飛散してきます。日本における黄砂は偏西風の影響により毎年3月~5月にかけて多く観測されています。また、この黄砂が飛んでくる量は黄砂の元となっている黄土地帯や砂漠での強風の度合いや土壌の水分量や積雪の有無、土壌粒子の大きさ、そして上空の風の状態によって大きく左右されます。大気中に舞い上がった黄砂粒子は、比較的大きな粒子の場合は重力の影響により直ぐに落下しますが、小さな粒子は軽く、上空の偏西風などの風に運ばれて遠くまで飛ばされます。

黄砂の影響

黄砂は非常に厄介で、洗濯物を屋外に干していたり、車を駐車していたりすると黄砂で汚れるどころか、黄砂が日本に来る際に、大気汚染が深刻な中国の工業地帯を通過するので、大気汚染物を吸着していることとなり、公害であるという関心が高まっています。また、気象庁や環境省では、黄砂を観測した地点や予測についてを「黄砂情報」や「黄砂飛来情報」として発表をしています。

また、中国や韓国では特に被害が深刻で、注意報や警報が発表されるだけでなく、視界がほとんど利かなくなり、交通機関にも影響が出てきます。日本はここまでの影響はないが、黄砂が舞い散る時期に外出する際は花粉対策と同じようにサングラスやマスクの装着が重要になってくるだろう。


関連記事

シニアの孫へのギフト需要。児童書の売上が好調!

絵本を読む親子

児童書の売上が好調なようだ。 2015年度の書籍全体の店頭売上が0.6%減っているものの、児童書の売上は5.8%増となっている。 この背景にあるのは、シニアの孫へのプレゼント需要にあるようだ。 スマートフォン(スマホ)が […]

詳細を見る

ファーストフード業界の危機!?一方ファミレスは堅調

food

現代日本のファーストフードといえば、「牛丼」と「ハンバーガー」が代表格でしょうか。しかし2014年、この二つの業界に激震が走りました。大手牛丼チェーン「すき家」の人手不足騒動と、世界的ハンバーガーチェーン「マクドナルド」 […]

詳細を見る

良い眠りの提案をスマホアプリがしてくれる!?

sleeping

睡眠は人間が生きるうえで非常に重要な行為だ。 適切な睡眠をとることで業務効率もアップするとされているが、逆に睡眠がきちんととれないと業務効率が落ちることにもなりかねない。 そこで睡眠改善サービスを手がけるベンチャーのTW […]

詳細を見る