中国広州でナンバープレートが70万円に!?

中国広州でナンバープレートが70万円に!?

日本のお隣、中国は圧倒的な人口を誇っており、街は人はもちろん自動車で溢れかえっている。

もはや車は生活に必須だという人も居るくらいだ。

しかし、広東省広州市では異変が起こっているという。

 

ナンバープレートを高騰させ渋滞緩和!?

市政府は深刻な渋滞緩和を狙い、2012年から、競売と抽選の2つの方式で、ナンバープレートの白球に数量制限をしてきたが、そのうち、競売による落札価格が約3万5000元(約70万円)にまで釣りあがっており、市民の間で困惑が広がっていた。

市民の中には、1月に車を購入してすぐに競売で競り落として安心している人も居た。

今ではナンバープレートを競り落とせても約8万元(160万円)の人気車「カローラ」が税金や保険を含めると総額255万円ほどの高い車になってしまう。

そこで発給制度が始まった12年度以降は、広州では車は買わず、他の近隣店舗に出向いて車を買う人が続出していた。

もちろん、肝心の渋滞緩和はされることもなかったため、市政府は、ラッシュアワーに広州市以外のナンバーの車は、市内中心部には入らせない措置の検討を始めている。

それに慌てた市民が広州市のナンバープレートを求めた結果、価格が高騰しているという。

 

その他にも厳しい規則がある!?

広州市では昨年、渋滞緩和を理由に市内の注射料金を一挙に60%も引き上げていた。さらに、クラクションを鳴らすと100元の罰金を課すなどの決まりを設けた。

電動バイクの走行・販売の全面禁止も検討中ということだ。

市政府は様々な規制を消費者に強いているようだが、車大国であることから消費者利益とのバランスをとった方法が賢明だろう。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

ルミネ新商業施設は21時間営業の飲食街ができる!!

shinjyuku

東京にて駅ビル運営を行っているルミネ(東京・渋谷)は、JR新宿駅南口で来春開業する新商業施設の概要を発表したことで注目を集めている。   目玉となるのは21時間営業の飲食街!? 30歳代以上となります。ご多用な […]

詳細を見る

働く女性にオーダースーツを。ダイドーリミテッドの新ブランド。

woman

「ニューヨーカー」ブランドで知られているダイドーリミテッドが婦人向けの新ブランドを立上げ、路面店を開く。 女性向けのオーダーメードスーツは従来、紳士向けから派生が多く、百貨店にも今まで専門の売場がなかったが、新ブランドで […]

詳細を見る

ダイエーがシニア向けに買い物代行サービスを開始。

配送をする男性

ダイエーは顧客宅への商品の配送を専任に行う「コンシェルジュ」の配置を開始する。 利用対象者を60歳以上に限定し、受注は電話かFAXだけで行うとしている。 受注から配送までを一貫して同じ担当者が行うとしており、利用者と個人 […]

詳細を見る