「ポケモンGO」で集客!?マクドナルドが復活へ歩を進める。

「ポケモンGO」で集客!?マクドナルドが復活へ歩を進める。

7月22日から日本でも配信が始まったスマートフォン(スマホ)ゲームの「ポケモンGO」を利用して集客を行っているのは、日本マクドナルドホールディングスだ。

実はマクドナルド全店がポケモンGOで使えるアイテムがもらえる拠点となっており、それを目的に多くのユーザーが来店しているようだ。

 

他の外食チェーンも注目する、ポケモンGOの効果。

東京・葛飾のあるマクドナルドの店舗では、同店はポケモンを戦わせることができる「ジム」という拠点になっている。

ただ、ポケモンユーザーが客席を占有するほどの大騒ぎもなく、特にトラブルはおきていないようで、増収効果は非常に高いようだ。

7月の既存店売上高は前年同月比26.6%増となっており、客単価が伸びたほか、客数も伸びていた。

この増収の要因の1つは、ポケモンにより押し上げ効果だ。

フランチャイズチェーン(FC)店舗では、前後で伸び率が10ポイント上がった。

これはマクドナルド側も予想していなかったようだ。

ポケモンGOの配信と同時に社会現象となり、かつてマクドナルドが行っていた「マックでDS」とは違い、小中学生だけではない、幅広い層の客がマクドナルドに来店するようになったそうだ。

これには他の外食チェーン店も注目しており、同様の取り組みができないかゲーム開発会社に打診したそうだ。

この日本マクドナルドでの成功を受けて、米マクドナルドも同様のサービスの展開を検討しているようだ。

ポケモンGOは外食業界にとって新たな集客装置となる可能性があるようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

ポケモンGO公式サイト

日本マクドナルド


関連記事

労働者派遣セミナーで派遣を知ろう!!

woman

働き方は世の中にいくつもある。 たとえばアルバイトやパートも一つの選択肢であり、もちろん正社員や契約社員、派遣社員といったスタイルもひとつの働き方である。 ただ、それぞれスタイルが違えば責任や仕組み、ルールなどが大幅に変 […]

詳細を見る

妊婦さんを守る「マタニティーマーク」の意味を知ってる?

Maternity

「マタニティーマーク」をご存知だろうか。 妊娠中であることを示す表示で、厚生労働省が定めたもので、全国の自治体がキーホルダーなどのアイテムにしてグッズ類を配布している。 厚労省が定めて10年目となったが、本来の趣旨が理解 […]

詳細を見る

放課後等デイサービス増加!!しかし、サービスの質にばらつきも。

child

障害のある子どもに放課後を過ごす場を提供する「放課後等デイサービス」が全国で広がっており、事業所数は制度導入の2012年度から2倍以上の約5800箇所となっている。 生活能力を高める訓練に力を入れている施設がある一方、新 […]

詳細を見る