「走ること」に特化したハイテクシューズ

run子供達は運動会やかけっこでは、もちろん誰よりも速く走りたいという子供も居るだろう。また、親としても運動会を見に行った際に自分の子供が1等になったら嬉しいものだ。今、そんな子供達の「走り」を助けるハイテクシューズがヒットしているそうだ。

続々出てくる最新ランニングシューズ

運動会やかけっこなど、走ることに特化したシューズといえば、「瞬足」(アキレス)である。かつてはこれが定番であったが、スポーツメーカー大手が続々と最新のハイテクランニングシューズを打ち出しているので、競争が激化している。

【アシックス】

アシックスは2月に、「TOPSPEED(トップスピード)」シリーズを投入しており、靴底全部にY字型の突起を配置し、様々方向にエッジが効きやすく、グリップ力に優れるという特徴を持っている。ミッドソールにはアスリート向けシューズで使われている「ソライト」という独自開発のスポンジ材を採用している。実勢価格は3~7歳程度を対象とした「ミニ」は、5,800円(税別)で3色展開、小学生向けの「Jr.」に関しては6,300円(税別)で2色展開となっている。

【プーマ】

プーマからは、「スピードモンスター」というランニングシューズを発売。人類最速と呼ばれるウサイン・ボルトが使用する競技用スパイクのソールを研究して開発がされた。底面には特殊形状のスパイクが配置されており、土のグラウンドを掴みやすいようになっている。実勢価格は3,300円(税別)でカラーは5色展開である。


両者の新モデルにおいては、嬉しいことに「走る」という目的以外の使用も想定して作られている。大人の場合は、利用シーンによって靴を履き替えるが、子供は運動時や通学時も同じ靴を履く傾向にあるので、そこまで配慮されて作られているようだ。


関連記事

高齢者人口増大に対する「お泊りデイ」規制強化の課題。

house

少子高齢化が進む日本においては、特別養護老人ホームなど福祉施設では介護が必要な高齢者が入所できないというような状態が続いている。 高齢者が溢れかえる時代となっているが、それに反して、いわゆる「お泊りデイ」の規制が強化され […]

詳細を見る

はなまるうどんがショッピングセンターに続々!!フードコートへの出店強化の動き。

shop

吉野家ホールディングス傘下でうどん店を展開しているはなまるは、前期よりショッピングセンター(SC)内のフードコート出店を強化しており、約40点をSC内に出店することを決めている。   中四国・九州を強化し収益源 […]

詳細を見る

松屋が女性視点の店舗設計に!?外部に内装委託も。

gyudon

外食各社がこぞって女性視点の店舗設計による、女性の集客の見直しに力を入れている。 日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は女性社員によるプロジェクトチームを発足し、トイレをはじめとする設備の見直しを始めた実験店 […]

詳細を見る