インパクト抜群の個性派魚介を飲食店に売り込み!

魚介

魚介類の卸会社や産地が飲食店が看板メニューにできる個性派食材の売り込みを強化している。

飲食業界の競争は激しく、消費者を引き付けることができる個性的なメニューで他店と差異化を図ることが重要となるため、産地などが限定された商品は飲食店にとっても協力な武器になるようだ。

 

巨大ブラックタイガーや刺身で食べられる養殖サバなど個性派食材続々。

水産商社のノースイ(東京・港)は、大型の天然エビ「皇帝の海老シータイガー」を10月下旬から売り出した。

最大サイズは頭と殻がついた状態で1匹290~350グラムで、手からはみ出すサイズだ。

これをイセエビと同程度まで育ったものを「シータイガー」として売る。

廃棄ロスを減らすために、1匹ずつ袋に入れている。

こうした、「他の店では見たことがない商品」は、チェーン店ではない個人経営の店からの要望が多いそうだ。

近年は客が交流サイト(SNS)に投稿した料理の写真がヒットのきっかけになるなど、写真映えするようなインパクトのある物が求められている。

シータイガーについては、大きさを生かした天ぷらや生春巻きにするなど食べ方を提案する。

価格は1匹200グラム程度のもので約1,500円だ。

佐賀県唐津市と九州大学が共同開発した「唐津Qサバ」は刺身で食べることができるサバで、通常は寄生虫がつきやすく加熱や酢じめをして食べるが、唐津Qサバは飼育下で生まれた稚魚を、寄生虫がいないとされる海域のいけすで育てるため、刺身で食べることができる希少性を付加することができた。

今後も新たに改良された、目玉となるような食材が増えることで飲食業界と産地の双方にとって良い傾向が生まれそうだ。

【「日経MJ」より抜粋。】


関連記事

エンタテインメント小説で作家デビュー!?

koubo

今回、4つのエンタテインメント小説の公募の紹介です。 ジャンル不問!大人向けエンタテインメント小説を募集! KADOKAWA富士見書房より「富士見ラノベ文芸大賞」が開催されている。ミステリ、ファンタジー、サスペンス、ホラ […]

詳細を見る

建築模型ミュージアムが東京都内で今春開業!!

house

博物館は全国のあちこちにあるが、建築模型ばかりを展示した博物館は珍しい。 保管サービスの寺田倉庫(東京・品川)は、一般社団法人・日本建築文化保存協会と組んで建築家が建物を建設する際に作る建築模型を保管・展示する国内初の施 […]

詳細を見る

大阪のハンモックカフェに広島市のマツダスタジアムでゴロゴロできるサービスがあるの!?

cafe

休みの日はついつい家でゴロゴロしてしまうなんて人も多いのではないだろうか。 実は、寝転がりながら食事をしたりと自宅ではなかなか味わえないリラックス感を得られるサービスが人気となってるようだ。 外出先とは思えないくつろぎ方 […]

詳細を見る