ダイエーがシニア向けに買い物代行サービスを開始。

配送をする男性

ダイエーは顧客宅への商品の配送を専任に行う「コンシェルジュ」の配置を開始する。

利用対象者を60歳以上に限定し、受注は電話かFAXだけで行うとしている。

受注から配送までを一貫して同じ担当者が行うとしており、利用者と個人的な関係を構築して顧客の囲い込みにつなげたい考えだ。

 

信頼構築をして細かいニーズに応えるシニア向けサービス。

ダイエーが新たに追加したサービス「お買物らくらく便」の実験を東京・板橋サンゼリゼ店で行ってきたが、12月1日から本格運用を開始するとしている。

毎日午前10時~午後0時半に注文を受け付けて、午後2時~5時半に配送を行うとしている。

生鮮品や加工食品、日用品などカタログに記載する約550品目を対象に、店舗にある商品について応じてできる限りの対応を行う。

支払い方法は商品券か現金、将来的には専用端末でクレジットカード決済にも対応する方針だ。

配達量は税込324円で、2000円以上の買い物で無料となる仕組みになっている。

別途、購入額に関わらず買物代行手数料が1回につき216円かかる。

配送は店舗があるマンション一体型の施設の住民だけを対象としており、今後は対象店舗を拡大して、地域を区切ってサービス提供を行う予定だ。

顧客宅への商品宅配はスーパーなどが手がけているが、専任担当者を置いてシニア限定でサービスを行うケースは珍しい。

ダイエーは新サービスで近隣住民の加齢による利用減を防ぐことを目的としているようだ。

【「日経MJ」より抜粋。】


関連記事

放課後等デイサービス増加!!しかし、サービスの質にばらつきも。

child

障害のある子どもに放課後を過ごす場を提供する「放課後等デイサービス」が全国で広がっており、事業所数は制度導入の2012年度から2倍以上の約5800箇所となっている。 生活能力を高める訓練に力を入れている施設がある一方、新 […]

詳細を見る

ルミネ新商業施設は21時間営業の飲食街ができる!!

shinjyuku

東京にて駅ビル運営を行っているルミネ(東京・渋谷)は、JR新宿駅南口で来春開業する新商業施設の概要を発表したことで注目を集めている。   目玉となるのは21時間営業の飲食街!? 30歳代以上となります。ご多用な […]

詳細を見る

拡大を続ける「ロボット市場」

robot

ロボットと言われて始めに思い浮かべるのは人型をしている、いわゆる「ヒューマノイド」タイプだろう。しかし、その種類は様々で、最も普及していると言われているのが「産業用ロボット」だ。これらのロボット市場は、リーマンショック時 […]

詳細を見る