ダイエーがシニア向けに買い物代行サービスを開始。

配送をする男性 ダイエーは顧客宅への商品の配送を専任に行う「コンシェルジュ」の配置を開始する。 利用対象者を60歳以上に限定し、受注は電話かFAXだけで行うとしている。 受注から配送までを一貫して同じ担当者が行うとしており、利用者と個人的な関係を構築して顧客の囲い込みにつなげたい考えだ。  

信頼構築をして細かいニーズに応えるシニア向けサービス。

ダイエーが新たに追加したサービス「お買物らくらく便」の実験を東京・板橋サンゼリゼ店で行ってきたが、12月1日から本格運用を開始するとしている。 毎日午前10時~午後0時半に注文を受け付けて、午後2時~5時半に配送を行うとしている。 生鮮品や加工食品、日用品などカタログに記載する約550品目を対象に、店舗にある商品について応じてできる限りの対応を行う。 支払い方法は商品券か現金、将来的には専用端末でクレジットカード決済にも対応する方針だ。 配達量は税込324円で、2000円以上の買い物で無料となる仕組みになっている。 別途、購入額に関わらず買物代行手数料が1回につき216円かかる。 配送は店舗があるマンション一体型の施設の住民だけを対象としており、今後は対象店舗を拡大して、地域を区切ってサービス提供を行う予定だ。 顧客宅への商品宅配はスーパーなどが手がけているが、専任担当者を置いてシニア限定でサービスを行うケースは珍しい。 ダイエーは新サービスで近隣住民の加齢による利用減を防ぐことを目的としているようだ。 【「日経MJ」より抜粋。】

関連記事

介護施設に「レク」提案やタブレットで安否確認するシニア向けサービス続々。

介護

シニア向けサービスが続々と増えている。 介護用品通販「スマート介護」を手がけるプラス(東京・港)はレクリエーションの企画提案ができる「レクリエーション介護士」の資格保有者を増やして、介護施設へレクの提案を活発化させる。 […]

詳細を見る

人材紹介大手が中国人店員の接客を強化!!訪日外国人対策へ。

man

訪日外国人が東京や大阪、京都などの都市圏、観光都市に集中している。 特に目立つのはアジア系の訪日外国人で、中国人が目立っている。 そうした中、企業の間で需要が高まっているのが中国語を話せる従業員だ。 そこで、ファッション […]

詳細を見る

47都道府県別の「一番搾り」が好評!!キリンビールの地元専用ビール。

グラスに注がれたビール

キリンビールが5月から順次発売している47都道府県別に味を変えたビール「一番搾り」が人気だ。 消費者の「地元愛」をくすぐるコンセプトが支持を集める要因になっているようで、地元産の素材を使うなど徹底してこだわっているようだ […]

詳細を見る