【職業紹介について】

職業紹介について
職業紹介は職業安定法に基づいて適正に行っていかなければなりません。

職業紹介事業で行なえないこと

職業紹介2①派遣会社からの依頼により、具体的な派遣先が決まっていない派遣社員の募集を求人として受理することはできません。

②港湾運送業務・建設業務に就く職業を有料職業紹介事業として行うことはできません。

③男性のみ、女性のみという求人を依頼し、紹介を受けるのはできません。
※募集に関する男女の均等な機会の確保ということで定められています。

有料職業紹介事業所が備え付けなければならない帳簿書類

・求人求職管理簿
・手数料管理簿

求人求職管理簿に関しては次の事項を記載しなければなりません。

求人に関する事項

①求人者の氏名または名称
②求人者の所在地
③求人に関わる連絡先
④求人受付年月日
⑤求人の有効期間
⑥求人数
⑦求人に関わる職種
⑧求人に関わる就業場所
⑨求人に関わる雇用期間
⑩求人に関わる賃金
⑪職業紹介の取扱状況

求職に関する事項

①求職者の氏名
②求職者の住所
③求職者の生年月日
④求職者の希望職種
⑤求職受付年月日
⑥求職の有効期間
⑦職業紹介の取扱状況

手数料管理簿

①手数料を支払う者の氏名または名称
②徴収年月日
③手数料の種類
④手数料の額
⑤手数料の算出根拠

尚、これらの種類の保存期間は2年間となっています。


病院や特養等の介護施設の求人者は適正に有料職業紹介を行っている会社を通じて、より良い採用に繋げていきましょう。


関連記事

【労働者派遣を行うことができない業務】

prohibition00

介護派遣や看護派遣を行なっている人材派遣会社は、看護師を病院や診療所、介護老人保健施設等には看護師(准看護師)を派遣できません。また、訪問看護等、医療を受けている方の自宅で行なう訪問看護業務も行えませんので、注意が必要で […]

詳細を見る

【派遣と請負の違い】

difference00

派遣とは派遣会社が雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて派遣先に労働力を提供することをいいます。一方で請負とは、仕事の発注者と請け負った労働者との間に指揮命令関係が生じません。この点は派遣と異なります。あくまで労働者 […]

詳細を見る

【抵触日通知書とは】

date00

派遣元(派遣会社)は下記の項目を行うのにあたり、派遣元責任者を選任しなければなりません。 ※労働者派遣法第36条 介護施設等の派遣先は、労働者派遣契約にあたり、あらかじめ介護士や看護師を頼んだ人材派遣会社に、[派遣受け入 […]

詳細を見る