2016年のGWの予定は外食が1位!?旅行や買い物も人気に。

2016年のGWの予定は外食が1位!?旅行や買い物も人気に。

今年もだんだんと大型連休のゴールデンウィーク(GW)が近づいてきた。

毎年、経済状況によりGWの計画を変えている人が多いだろうが、今年は一体どういった傾向にあるのだろうか。

 

予算2万円未満が多数!!外食に旅行を楽しむ大型連休に!?

今年のゴールデンウィークは外食や旅行などを楽しむ人が多いとされている。

日経産業地域研究所が「GWにしたいこと」について聞いたところ、次のようになった。

 

●GWにしたい計画

1 外食
2 国内旅行
3 買い物
4 日帰りレジャー
5 自宅中心で過ごす
6 映画・演劇など芸術鑑賞
7 帰省

上位を占めたのは外食と買い物だった。

昨年に比べて支出を増やす人も多いようだ。

調査はマクロミルに依頼して、2月26日~28日にインターネットで実施。

今年のGW期間は4月29日~5月8日として、全国の20~60代の男女1000人から回答を得た結果となっている。

比率は外食(24.1%)、国内旅行(24.0%)、買い物(23.7%)とトップ3の比率は並んでおり、手軽に外出を楽しみたい人が多いようだ。

年代別では20代が高く、若い人ほど積極的にGWを楽しもうとしているようだ。

国内旅行を計画している人は京都など近畿圏や東京などの首都圏、北海道などが人気となっていた。

GW期間中の一人当たりの支出額については、「1万円未満」が21.3%、「1万~2万円未満」が19.0%と2万円未満で40.3%を占めていた。増額する理由については、昨年より外出する機会が増えるからなどの声が聞かれた。

GWの消費は連休の日数のほかに、収入の見通しによって左右される。

実際にGWの際の消費の動向が気になるところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

兵庫・猪名川に新たな物流拠点が誕生!?

warehouse

兵庫県猪名川町は、産業拠点地区と位置づける大規模な町有地に物流施設開発大手のプロロジス(東京・千代田)が大規模な物流施設になり、大量の雇用創出と大幅な税収増に繋がる見通しとなっているようだ。   新たに物流拠点 […]

詳細を見る

ファー小物を日常使い可能な雑貨に!!

kegawa

アパレル会社が2016年秋冬シーズンに向けてファー(毛皮)を使った小物や雑貨の仕入れを増やすとしている。 ビームス(東京・新宿)が毛皮を使ったバッグなどを増やすほか、サザビーリーグ(東京・渋谷)も毛皮をあしらったサンダル […]

詳細を見る

拡大を続ける「ロボット市場」

robot

ロボットと言われて始めに思い浮かべるのは人型をしている、いわゆる「ヒューマノイド」タイプだろう。しかし、その種類は様々で、最も普及していると言われているのが「産業用ロボット」だ。これらのロボット市場は、リーマンショック時 […]

詳細を見る