スマホがリモコンに!?監視カメラや照明操作も?

スマホがリモコンに!?監視カメラや照明操作も?

スマートフォン(スマホ)の普及は著しく、仕事でもプライベートでもスマートフォンは欠かせないといった人が多いのではないだろうか。

そのスマートフォンと組み合わせて使う家庭用電子機器が続々と登場しており、注目を集めているようだ。

 

異常を感知してスマホに通知する監視カメラ。

パナソニックが発売するのは、外出先からスマホで自宅の様子を確認できる監視カメラで、人の動きや物音、室温の変化を検知するセンサーを備えており、異常があればスマホに通知されるようになっている。

カメラにはマイクとスピーカーも搭載されており、スマホを通じて、自宅にいる家族と会話もできるようになっているので、万が一の際に即座に声をかけることができる。

屋内カメラ1台と制御機器の設置で、価格は税抜き2万6000円前後となっている。10月15日に売り出すとしている。

子育て中の共働き世帯や、家族と離れて暮らす高齢者の見守りなどの需要を狙う。

 

スマホひとつで家の照明を一括操作!?

ロームが新たに発表したのが、家中の照明をスマホで一括操作できるシステムだ。

住宅設備メーカーを通じて売り出すとしており、照明の使用状況を把握して省エネに繋げるほか、各部屋の明るさを時間帯に応じて設定し、自動で調節することもできるようになっている。

また、照明とスイッチ、制御装置のやり取りは無線で行うため、配線工事がいらず、概設の住宅でも設置しやすいといったメリットがある。

制御機器が税抜き15万9600円で、照明(6800円~)やスイッチ(1万7500円~)と組み合わせて使う。

 

今後もインターネットで様々な製品を連携させる「IOT(インターネット・オブ・シングス」と呼ばれる取り組みで、市場の拡大は続いて行くと予想される。

 

【「讀賣新聞」より一部抜粋。】

 


関連記事

中東の観光客がタイに増えつつある!?注目が集まるタイ。

tai

観光大国のタイでは、年間約3000万人の外国人が訪れており、医療ケアやショッピングなど目的は様々だが、じわじわと観光客数が増えているようだ。   LCC就航も追い風に。買い物、医療で呼びこみ。 タイの首都バンコ […]

詳細を見る

冷え性・低体温症を防ぐにはどうすればいいの!?

thermometer

日本に寒気が流れてきて、これから1年で最も寒くなっていくだろう。 そうなると指先などが冷たくなるいわゆる「冷え性」に悩む人も多くなるだろう。 だが、冷え性の特徴としては体の中心部の温度は正常なことが多い。それに対して体の […]

詳細を見る

ストライプインターナショナルが郊外でセレクト型店舗を展開。

店舗

ストライプインターナショーナル(岡山市)は「セレクト型」の郊外店を本格展開していく。 主力ブランド「アースミュージック&エコロジー」をメインに、駅ビルなど店舗で競合関係にある他社ブランドも積極的に取り入れていくと […]

詳細を見る