アジの美味い食べ方って!?

アジの美味い食べ方昔から庶民に親しまれてきた魚の代表と言えば、やはりアジだろう。1年を通して出回る魚で、様々な調理方法がおススメされているが、どんな食べ方があるのだろうか。アジについてもいろいろ調べてみよう。

美味しいアジの見分け方

まず食材となるアジの見分け方だ。次の3つの見分け方がポイントとなる。

一、 ふっくらとしており、全体に丸みがあるものを選びましょう。
二、 目に濁りが無く黒く澄んでいる。また、エラが真っ赤なものを選びましょう。
三、 腹の部分を触った時に硬く、体の表面に輝きのあるものを選びましょう。

これさえ覚えておけば、より一層、美味しいアジにありつけるだろう。

アジの特徴について

アジは冒頭にも書いた通り、日本各地で1年を通して漁獲されている。そして値段が安くて美味しいのが特徴だ。しかも、脳を活性化させるといわれているDHAやコレステロール値を下げる働きのあるEPAも豊富に含まれているのだ。

アジの種類には何があるのか

アジと一口に言ってもその種類も様々だ。一般的にアジと言えばマアジを指す。スーパーなどでよくみかけるのは、このマアジが多いだろう。平たい円柱形で背中は青緑がかった銀灰色だ。そして「くさや」などに使われている魚はムロアジという種類で、独特の匂いのある珍味とされている。脂が少なく尾びれが黄色い。余談になるが、最近では焼く場所を選ぶため、「くさや」を焼くのにも一苦労する。もしかしたら「くさや」文化が消えてしまうかもとまで言われている。

続いて、アジの中でも高級と言われているのが、シマアジだ。あっさりしているものの味わいが濃いのが特徴で、黄色い線が体の真ん中に1本入っている。大物になると体調1mを超えるものもある。

アジの美味い食べ方は?

アツアツの白ご飯には勿論、お酒にも合うということで、特にオススメなのが「なめろう」だ。これは「たたき」の一種で、三枚におろしたアジを細切りにして叩いて、みじん切りの生姜、ネギ、青じそ、味噌を加えてさらに細かく叩く。粘り気が出てきたところで完成だ。しかし、定番の塩焼きも捨て難い。長い金串を打って炭を使い、遠火で直火にかけてじっくりと焼き上げたアジは、焼いている最中に落ちた脂が煙になって香ばしくなる。家庭では上から火をかけるグリルが一般的だが、下からの火で焼いたアジは格別だ。


関連記事

訪日外国人向けの地図検索アプリが誕生!!

map

ビザの発給緩和や公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の整備などで2020年東京オリンピック招致活動により年々、中国や韓国などアジア圏を中心とし、訪日外国人が急増している。 そうした訪日外国人の旺盛な需要を取り込むア […]

詳細を見る

リンガーハットがちゃんぽんを7%の値上げ実施。

tyanpon

「長崎ちゃんぽん」などで有名なリンガーハットが、ちゃんぽんを7%値上げするとしている。 人件費の上昇や原材料費の高騰などが値上げの主な理由のようだ。   人件費や材料費を吸収しつつ、客離れを抑えられるか!? 「 […]

詳細を見る

UターンIターン促進策が進む!?就活時の人材確保へ。

syukatsu

長野県の自治体が大学生向けのUターン、Iターン促進策を広げて、衆活時の地域人材の確保を狙うとしている。 2018年春に卒業する学生向けのインターンシップ(就業体験)においては、インターンの補助金や企業見学1泊ツアーを実施 […]

詳細を見る