老後の生活費は大丈夫!?退職後の支出について考えよう!!

老後の生活費は大丈夫!?退職後の支出について考えよう!!

少子高齢化の時代となり、今後さらに高齢者が増えていくと考えられる。

ただ、老後の生活が不安といった人も多いだろう。

その不安の一つとして「老後の生活費=老後はどれくらいかかるか」といったところになるだろう。

老後の生活についてどれくらいかかるか生活の度合いによって変わります。

 

退職後は3割減を目安に生活しよう!!

退職後は基本的に給与は入ってこないです。

そのため、退職後の一月の生活費はだいたい22万円ぐらいがベストです。ただ、実際にこの金額で生活ができるのか?といった疑問が生まれるかと思います。

ただ、もちろんですが次のような条件が重要になります。

1、住宅ローンを返済済みで、住居費がない。

2、子供が独立しており、教育費がかからない。

近年、晩婚化が進み、60歳の時点でも子供が中学生や高校生といったケースが増えていますが、そうした場合は教育費の負担というのは大きくなるかと思います。

賃貸住宅に住む場合は家賃がかかるため、金額に家賃が上乗せされることになります。

 

老後の生活費の把握はどうすればいいの?

現役時代に生活費を把握するためやっておきたいことは、家計簿をつけるといったことです。

最近は家計簿をつける家が減っており、カードや電子マネーの利用が多くなっている関係上、金銭の出入りが把握しにくくなっているというのが大きな理由の一つといえます。

スマホアプリなどでレシートを撮影するだけでデータが取り込めるようになっているものもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

生活費を増やさないためには?

ライフスタイルを変えて無駄を無くすことが重要となります。

たとえばスーツや衣服にかけるお金を削減し、さらに交際費も激減するため、年賀状の削減を行うなど不要な出費を抑えることを考えることが重要となります。

老後のライフスタイルは「三かく」が大切といわれます。

これは「恥欠く、義理欠く、見栄欠く」といったところになります。

退職後に現役時代の感覚で人間関係や付き合いを行っていれば余計な出費となります。

そして、思っているよりも周りの人は気にかけていません。

余計な出費を判断し、毎月決まった中で生きていくために家計簿をつけて管理することが生活に必要になるようだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

手芸作品の公募、キルトコンテスト!!

kiruto

手芸といっても様々だが、今回はキルト作品の公募を中心として紹介する。 また、キルト作品と言えどタペストリー、パッチワークアートなど、様々だ。 キルト作品の制作に自信がある人はどしどし応募しよう!!   タペスト […]

詳細を見る

黄砂は一体どこからやってくるのか

88fd45230af475a481d732df88aada55_s

これからの季節、毎年どこから黄砂が飛んでくるのだろうか。 黄砂の発生 黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などや黄土地帯から強風により吹き上げられて飛散してきます。日本における黄砂は偏西風の影響により毎年3月~5月にかけて多 […]

詳細を見る

人材紹介大手が中国人店員の接客を強化!!訪日外国人対策へ。

man

訪日外国人が東京や大阪、京都などの都市圏、観光都市に集中している。 特に目立つのはアジア系の訪日外国人で、中国人が目立っている。 そうした中、企業の間で需要が高まっているのが中国語を話せる従業員だ。 そこで、ファッション […]

詳細を見る