ちょい高チョコで高級感ある味わいで販促強化の明治。

チョコレート

チョコレート菓子などで有名な明治が、高価格帯のチョコレート発売で「明治 ザ・チョコレート」シリーズを刷新し、大人客を意識した販促を行うとしている。

 

中間市場の掘り起こしをちょい高チョコで。

今年の9月にリニューアルされたザ・チョコレートシリーズの販売に期待をこめている。

原料や製法にこだわっており、一般的なチョコよりも2倍近く高い値段設定で、税別価格は220~230円となっている。

パッケージデザインも大人の女性を意識しtえ、高級感を演出している。

素材については、従来はベネズエラとブラジル・トメアスーのカカオ豆を使った2商品で、今回は新たにミルク入りの2商品を使った本格的な味わいを追求した。

さらに、通常の板チョコとは違い、均等にブロック分けをせずに、「ギザギザ型」「ミニブロック型」など1枚のチョコに4つの異なる形状の切り込みを入れている。形が変わることで風味の違いを打ち出す。

少子化により逆風が吹く今、チョコ市場は拡大している。その背景にあるのは、高級品の存在だという。

伊勢丹新宿店(東京・新宿)では、世界中のチョコが集まる催事「サロン・デュ・ショコラ」をはじめとする話題も多くあり、若い女性らの購入が伸びているという。

ただ、それらの多くはパティシエなどが作る高級チョコが中心で、大手菓子メーカーまで恩恵が及んでいないそうだ。

そこで、今回、一般的なチョコレートとパティシエが作る高級チョコレートの中間をとった、「準高価格帯」とされる市場の掘り起こしにより、大人のチョコファンを取り込む狙いだ。

コーヒーや酒と合わせた食べ比べをしていくとする。

今後、こうした市場開拓にはチョコメーカーのマーケティング力も問われることが想定されている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ワインをソーダ割りでさっぱりと。サントリーワインが飲み方提案。

ありそうで無かったワインの飲み方の提案を行っているのは、サントリーワインインターナショナルだ。 夏場はワインの需要が低迷する時期だが、創業期の商品であるワイン「赤玉スイートワイン」をソーダで割った「赤玉パンチ」や氷で冷や […]

詳細を見る

訪日外国人向けスキー教室を阪神子会社が開始!!

日本には四季がある島国のため、夏には海で海水浴が楽しめ、冬にはスキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しむことができる世界的にも珍しい国だ。 海外では1年中雪の降らない地域もあるなどスキー文化がないところもある […]

詳細を見る

印象に残るキャッチコピーを応募しよう!

公募のお題を見てひらめいたら書いて送るだけ!簡単にできるので公募初心者にもぴったりなものをご紹介します。愛着が沸くキャッチコピーを募集!!建設埼玉(埼玉県さいたま市)では、「建設埼玉のキャッチコピー(フレーズ)募集」を実 […]

詳細を見る