面接官が食いつく話題とは!?求職者は要チェック!!

面接官が食いつく話題とは!?求職者は要チェック!!

求人を見ていざ応募したとしても、始まりはそこからだ。

書類選考から面接へと繋がるのが一般的な流れだが、面接は文字通り面接官と会って会話をすることが基本となる。

一体どういった会話をすれば印象にも選考にも残るようになるのだろうか。

 

求職者は要チェック!?面接官にウケる話題とは!?

就職や転職などする際には必ず「面接」という道を通ることとなる。

この面接が苦手だという人も多いのではないだろうか。

そこで働く女性に面接官が食いついた話題について聞いてみたところ、次のような話題が面接官の心を引き付けたようだ。

 

【ボランティア活動についての話題】

学生時代に海外に滞在してボランティア活動を行っていたという話しや、サークルの活動でボランティアに参加したといった話が面接官の興味を引いたそうだ。

社会奉仕を苦にせず進んで行えるといった人格かどうかといった点は重要視されているようで、少しでもボランティア活動に参加したことがある人は頭の中で整理するといいだろう。

 

【サークル・部活】

武道系の部活をやっていたことや、鳥人間サークルに所属したなどちょっと変わったサークルやインパクトのある部活に入っていた場合、やはり面接官の印象にも残りやすいようだ。

面接官も経験があると余計に食いつきがよいようで、中にはさらに話を掘り下げてこられる場合もある。

アピールしていて損はないだろう。

 

【アルバイト経験】

コンビニで朝6時からアルバイトをしていたことや、スポーツイベントでアルバイトをしていたなど、正社員ではなくても働くといった経験をしていたことで積んだ知識や能力は雇用する側としても注目しているところのようです。

 

面接に自信がないという人は喋りに自信がないというだけでなく、人生経験にめぼしい話題がないということが原因にあるかもしれません。

人の興味をそそるような話題は必ず用意するようにすることが重要かもしれません。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

自動車工場にも女性の社会進出の促進へ。働きやすい職場環境へ。

自動車業界で女性が働きやすい環境にするための動きが拡大しつつあるようだ。 妊婦でも座って作業ができるようにしたり工具の素材を軽くするなど女性目線ので改善がなされている。 少子高齢化で労働力が減少するなか、女性の社会進出と […]

詳細を見る

雲・霧・もや……その種類と定義を知ろう!

空気中に細かな水粒が浮かぶことで視界を塞ぐ「霧」。 京都府亀岡市(亀岡盆地)や宮城県仙台市(仙台平野)は日本における霧の街として知られています。また北海道釧路市は年間100日を越えて霧が発生する霧の名スポットです。 そも […]

詳細を見る

魅せる造形美によるアートを募集!

ストーリー性を感じられる物、見た目の美しさを感じられる物、作り手の想像力を感じることができる物など、造形美に魅せられるようなアート作品を募集している公募のご紹介です。 カッパのフィギュア作品を募集! 四万十川カッパ造形大 […]

詳細を見る