仙台に有料老人ホームが続々建設!!

仙台に有料老人ホームが続々建設!!

少子高齢化の加速が続いている日本において、文字通り、高齢者が増加が止まらない状況となっており、全国各地の介護福祉施設では高齢者があふれかえっているという状況になっている。

その一方、介護施設はサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や有料老人ホームが増えてきている。

最近では仙台市内でその動きが活発になっているようだ。

 

高級ホテルのような老人ホームも!?仙台で拡大する老人ホーム。

仙台市内で大型の有料老人ホームの開業が相次いでいる。

松田病院(仙台市)系列の松田会(同)においては、来春にも泉区で200室超の高級老人ホームを開設するようだ。

また、不動産会社の久保田本店(同)は、有料老人ホーム事業に参入し、120室の施設を来夏に完成させるなど、異業種からの参入もあるようだ。

 

松田会は高級ホテルのような豪華設備!?

松田会においては、来春開設する老人ホームは「エバーグリーンシティ高森」としており、総事業費は60億円、費用に関しては入居時に払う一時金で800万~7730万円で、利用料金については月額12万8千円(税別)と富裕層向けの料金設定となっている。

もちろん、内容についてはその値段にふさわしいレベルのものとなっているようだ。

施設内にはレストランやカフェ、フィットネスクラブやシアタールームを設けており、高級ホテル並みの設備が取り揃えられているという。

また、系列である松田病院の診察も24時間受けられるとしており、既に50室以上が契約済みとなっているようだ。

 

仙台で集中する有料老人ホーム。

松田会以外にも有料老人ホームを開設しているようだ。

不動産会社の久保田本店は、有料老人ホーム事業に参入し、仙台市宮城野区のJR苦竹駅前に有料老人ホーム「ネクサスコート苦竹」を来夏に完成させるようだ。

また、介護大手のニチイ学館も有料老人ホーム「ニチイケアセンター仙台栄」を開設したそうだ。

今後も仙台でもこの勢いが増していくと見られている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

通天閣新展望台が、ディープな大阪・新世界で夜の輝きを放つ!?深夜営業店も。

shnsekai

大阪の観光といえば道頓堀に黒門市場、そしてユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、大阪のシンボル通天閣のある新世界だろう。 新世界は労働者の街として親しまれてきたが、この新世界にある通天閣が夜の輝きを放つ街として訪日外国人や […]

詳細を見る

雲・霧・もや……その種類と定義を知ろう!

fog

空気中に細かな水粒が浮かぶことで視界を塞ぐ「霧」。 京都府亀岡市(亀岡盆地)や宮城県仙台市(仙台平野)は日本における霧の街として知られています。また北海道釧路市は年間100日を越えて霧が発生する霧の名スポットです。 そも […]

詳細を見る

あなたはバス旅行に何を求めますか!?

プリント

ゆったりと時間を楽しみたいバス旅行ですが、あなたは何を、バス旅行を選ぶ際に重視していますか? 大事なのは「快適さ」に「出発地」!? クラブツーリズム(東京・新宿)は2014年12月27日~2015年1月9日にかけて30歳 […]

詳細を見る