良い眠りの提案をスマホアプリがしてくれる!?

良い眠りの提案をスマホアプリがしてくれる!?

睡眠は人間が生きるうえで非常に重要な行為だ。

適切な睡眠をとることで業務効率もアップするとされているが、逆に睡眠がきちんととれないと業務効率が落ちることにもなりかねない。

そこで睡眠改善サービスを手がけるベンチャーのTWO(東京・港)は、スマートフォン(スマホ)を使った睡眠指導サービスを開始するとしている。

 

睡眠に悩む人もこれさえあれば解決できる!?スマホアプリ!!

スマホで就寝時の眠りの深さを計測し、データから食事や昼寝などの質の高い睡眠を確保するために必要な日常行動を提案するサービスによりストレスで睡眠に悩む生活を解決できるとして注目されている。

サービス名は「SLEEPDAYS」はスマホ向けアプリとして提供される。

スマホに搭載されているジャイロセンサーを使い、就寝中の寝返りを数値化して睡眠の深さをグラフにするという仕組みとなっている。

その上で、独自に開発したアルゴリズムで睡眠データを分析して、睡眠を改善する日常行動を示すとしている。

これまで市場に出ている睡眠改善アプリの多くは睡眠の深さを計測するだけのものとなっていたが、同アプリについては、たとえば午後11時に寝る人の場合、昼食後に30分昼寝をするほか、夕食の時間を午後6時半と早めるなど提案をアプリがしてくれるので理想的な日常行動をすることができる。

しかし、あくまで理想であり毎日実践するのは難しいといった面がある。

そこで、SLEEPDAYは睡眠の質を点数化し、毎日の得点をグラフ化することでモチベーションを持続させるようになっている。

 

さらなるサービスも視野に入れている!?

SLEEPDAYはさらに利用者に継続して使ってもらえるように、さらなるサービスの追加を検討しているようだ。

利用者にはポイントが貯まれば快眠グッズなどと交換ができるポイントを付与するほか、利用者同士がアプリ上で励ましあう機能を加えてモチベーション維持につなげてもらう。

アプリのダウンロード時には300円程度がかかる見通しだが、月額利用料金は無料となる。

ストレス社会で睡眠への関心が高まっており、スマホなどを使った睡眠関連のネットサービスが相次いでいる中、特に期待がよせられているアプリとなっている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

絶えない接触事故。電動車いすに乗る際は注意を。

jiko

電動車いすは高齢者や障害者に非常に重宝されていて、操作がしやすいということからも普及が進んでいるが、電車の踏切を渡りきれずに電車と接触する事故に合うといったケースが後をたたないという。 対策難しく、死亡事故も。 大阪府内 […]

詳細を見る

制服の強制購入や振込み手数料は自己負担!!ブラックバイトは違法になるか!?

money

「ブラック会社」といった言葉は1度は聞いたことがあるだろう。 しかし、最近では会社だけに止まらず、「ブラック求人」や「ブラックバイト」といった言葉までが飛び交うようになってきた。 ブラック会社やブラック求人についてはよく […]

詳細を見る

働く女性は腕時計派が多い!さりげなく時刻を確認できるニーズが高まる。

腕時計を見る女性

腕時計をつける女性が増えている。 女性の社会進出が顕著になる中、営業職や管理職に携わる女性にとってさりげなく時刻を確認できる腕時計のニーズが高まっているようで、シチズン時計は女性向け「クロスシー」で新製品となる11モデル […]

詳細を見る