お昼の居酒屋利用が増えている!?

お昼の居酒屋利用が増えている!?

お昼を居酒屋で楽しむといったシニアや親子連れ、修学旅行生が増えているという。

しっかり食べたい、夜出かけるのは難しい、訪日外国人が増えて団体で食事ができないといったケースが増えているため、お昼にも空いている居酒屋の宴会席を利用するといった新たな需要を獲得しているようだ。

 

シニアや家族連れと居酒屋の需要と供給のマッチング!!

居酒屋といえば夕方から開店し、夜遅く、もしくは朝方まで営業を行っているといったイメージが強いだろう。

そうした中、シニアや修学旅行生らが昼間に居酒屋を使うといったケースが増えてきているそうだ。

店側にとっても減った夜の宴会需要を補う大事なお客様とあって、飲み放題を無料にするなど新サービスも用意して迎えている。

 

大人数でも受け入れてくれる昼間の居酒屋は重宝されている!?

祝日の昼間、東京都渋谷区の居酒屋「北の味紀行と地酒 北海道 恵比寿ガーデンプレイス店」で声が響いていた。

学生時代のサークル仲間が集まって宴会を行っているようだ。

子ども達も大人と交じってジュースを飲んでいる姿が見られた。夜の宴会に子連れで来てもらうのは難しいといった理由や、この人数を受け入れてくれるところは少なく、団体の場合に重宝されているという。

また、北海道各店では午前11時から午後5時まで「昼宴」メニューを用意しており、2時間1200円で飲み放題としている。

チムニーの居酒屋「花の舞」(東京・墨田)には日本相撲協会監修の土俵があり、ここでは訪日外国人と並ぶ団体客である修学旅行客がよく利用をしているようだ。

今まで使っていたホテルでの昼食が、訪日客の増加で確保が難しくなっており、こうした予約が入ることが増えているようだ。

これらのように居酒屋各社では様々な昼向けのサービスを展開し、新たな需要を確保しようとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

高齢受刑者の間でも認知症が進んでいる!?

どんな人でも年齢にはかなわない。 それは塀の中にいる受刑者についても同じことが言えるだろう。 60歳以上の高齢の受刑者の認知症傾向が増しているようだ。   認知症傾向が13%!?国民全体の割合とほぼ同じ水準!? […]

詳細を見る

カフェ・ド・クリエが新たに店ごとに顧客ニーズに応える形態に!?

カフェスペース

ポッカクリエイト(東京・千代田)は自社が運営するカフェ「カフェ・ド・クリエ」は、立地に合わせた店作りを行っており、病院や商業施設によってメニューや内装を変えて、店によって異なる顧客のニーズに対応するとしている。 &nbs […]

詳細を見る

生協ドライバーが生活の安心も一緒に配達。

生活共同組合が高齢者の見守り体制を拡充しており注目が集まっている。 各地域で自治体と見守り協定の締結を進めており、見守りと共に介護サービスも拡充しており、組合員の高齢化に対応して、家族の安全も含めた生活の安心を担うとして […]

詳細を見る