【派遣受入期間の制限に抵触する派遣停止の通知】

派遣関連コンテンツ派遣関連コンテンツ一覧

派遣受入期間の制限に抵触する派遣停止の通知

派遣会社は派遣受入期間の制限に抵触する抵触日以降は継続して派遣を行ってはならないと定めれています。

派遣停止の通知派遣会社はこの抵触日の1か月前から抵触日の前日までの間に、労働者派遣を行わない旨を、介護施設等の派遣先と派遣社員に通知しなければなりません。
介護施設等の派遣先には書面、FAXまたは電子メールで行ない、派遣社員には書面で行ないます。※派遣社員が希望した場合はFAXや電子メールも可とされています。

派遣関連コンテンツ派遣関連コンテンツ一覧


関連記事

【介護施設における派遣労働者の活躍】

active00

派遣社員活用の増加 超高齢化を背景に人手不足感の高まりなどで、主要都市の東京、大阪、福岡、明石を中心に介護職として派遣社員を活用する介護施設が増加しています。介護士の人材確保は派遣社員を活用することで介護士確保としての間 […]

詳細を見る

【派遣通知書とは?】

notice00

派遣関連コンテンツ一覧 派遣元(派遣会社)は派遣社員を派遣させる時に、派遣通知書という書類を派遣先に渡さなければなりません。(労働者派遣法第35条) 通知しなければならない項目は次の①~④です。 ①派遣社員の氏名および性 […]

詳細を見る

【海外で派遣を予定する場合】

foreign00

一般の労働者派遣法に掲げる許可要件の他、海外に関する事項も満たすことが必要になり、併せて判断されます。 ○派遣元責任者が派遣する国の言葉(言語)や労働事情等に精通しておかなければなりません。 ※国の言葉(言語)とは一般的 […]

詳細を見る