人気の波に乗れるか!?五輪追加候補のサーフィンに迫る!!

人気の波に乗れるか!?五輪追加候補のサーフィンに迫る!!

海でボードを使って波に乗るスポーツのサーフィンが2020年の東京五輪の追加種目候補になっている。

候補である「ショートボード」は、どれだけ巧みに波を乗りこなすかを採点制で争う協議となる。

しかし、まだまだ国内では決して認知度は高くないが、具体的にはどういった協議や採点となるのだろうか。

 

ポイントは良い波がくるかどうか!?「ショートボード」って?

日本サーフィン連盟によると、競技は色違いのゼッケンをつけた選手が2~5人同時に海に入り、15~20分の制限時間内に競技するのが一般的のようだ。

選手は8~10分程度の波に乗り、複数の審判が技の難易度やバリエーション、スピードなどを総合的に判断し、1本10点満点で採点する。

このうち、高得点2本の合計で勝負をするといった流れだ。

また、ショートボードの場合の板の長さは2.74メートルと厳格に決められており、天候で波の大きさが変わることから、採点時間や採点対象になる波の本数は大会ごとに変わることとなっている。

よい波が来るかどうかが重要になるため、会場選びのポイントとなるようだ。

まだまだサーフィンの認知度は低いものの、競技団体関係者は多くの人に応援してもらえるようにPRに力を入れるとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

どうせ長生きするなら元気に長生き!!元気な100歳になる秘訣は!?

Senior

少子高齢化社会が嘆かれる現代日本において、医療技術の向上などから世界的な長寿大国となっている。 高齢になるにつれて体の機能は衰えていくものだが、全くその衰えを感じさせないよう元気に生きたいと誰もが思うもの。 世の中には驚 […]

詳細を見る

受賞すればデビュー!?刊行前提の小説公募!

syousetu-koubo

小説公募の受賞者の行方は様々であり、入賞して終わりのものからデビューの確約、連載枠の確保など、賞の授与に留まらない発展を遂げるものもあります。自分が小説にどう向き合って生きたいかを考えた上で応募する必要があるといえます。 […]

詳細を見る

転職情報サイト運営会社がコスプレ指南の動画を配信!?

コスプレ

ハロウィンも今年はコスプレをした人々で東京は渋谷、大阪は心斎橋アメリカ村など盛り上がりを見せていた。 そうした中、転職情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイは、コスプレに特化した動画サイトを開始するとして […]

詳細を見る