老後の生活費は大丈夫!?退職後の支出について考えよう!!

老後の生活費は大丈夫!?退職後の支出について考えよう!!

少子高齢化の時代となり、今後さらに高齢者が増えていくと考えられる。

ただ、老後の生活が不安といった人も多いだろう。

その不安の一つとして「老後の生活費=老後はどれくらいかかるか」といったところになるだろう。

老後の生活についてどれくらいかかるか生活の度合いによって変わります。

 

退職後は3割減を目安に生活しよう!!

退職後は基本的に給与は入ってこないです。

そのため、退職後の一月の生活費はだいたい22万円ぐらいがベストです。ただ、実際にこの金額で生活ができるのか?といった疑問が生まれるかと思います。

ただ、もちろんですが次のような条件が重要になります。

1、住宅ローンを返済済みで、住居費がない。

2、子供が独立しており、教育費がかからない。

近年、晩婚化が進み、60歳の時点でも子供が中学生や高校生といったケースが増えていますが、そうした場合は教育費の負担というのは大きくなるかと思います。

賃貸住宅に住む場合は家賃がかかるため、金額に家賃が上乗せされることになります。

 

老後の生活費の把握はどうすればいいの?

現役時代に生活費を把握するためやっておきたいことは、家計簿をつけるといったことです。

最近は家計簿をつける家が減っており、カードや電子マネーの利用が多くなっている関係上、金銭の出入りが把握しにくくなっているというのが大きな理由の一つといえます。

スマホアプリなどでレシートを撮影するだけでデータが取り込めるようになっているものもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

生活費を増やさないためには?

ライフスタイルを変えて無駄を無くすことが重要となります。

たとえばスーツや衣服にかけるお金を削減し、さらに交際費も激減するため、年賀状の削減を行うなど不要な出費を抑えることを考えることが重要となります。

老後のライフスタイルは「三かく」が大切といわれます。

これは「恥欠く、義理欠く、見栄欠く」といったところになります。

退職後に現役時代の感覚で人間関係や付き合いを行っていれば余計な出費となります。

そして、思っているよりも周りの人は気にかけていません。

余計な出費を判断し、毎月決まった中で生きていくために家計簿をつけて管理することが生活に必要になるようだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

給与明細の読み方を知ってる!?知ってて役立つ正しい読み方とは。

社会人であれば毎月もらうであろう給与明細は、給与とともに内訳が記載されているかと思う。 しかし、給与明細の読み方についてしっかりと知っている社会人は多くないようで、大抵の人はぼんやり給与明細の残業代と銀行振込額を確認する […]

詳細を見る

野菜宅配大手が「料理キット」のメニューを拡充。

カット野菜

野菜宅配大手が、短時間で料理ができる「料理キット」の拡充を行っている。 料理キットは、カット野菜や調味料をあらかじめセットにして届けるというもので、らでぃっしゅぼーや(東京・新宿)に関しては、今後2年でメニュー数を約7割 […]

詳細を見る

今、現役看護師の数が増えているって本当!?

看護師が不足していると嘆く病院や介護施設は非常に多いといわれており、国家資格である看護師免許を取得している人は引く手数多と言われている。 需要と供給のバランスが取れていないといったイメージが強い看護師だが、その看護師の数 […]

詳細を見る