手芸作品の公募、キルトコンテスト!!

パッチワーク、キルトコンテスト

手芸といっても様々だが、今回はキルト作品の公募を中心として紹介する。

また、キルト作品と言えどタペストリー、パッチワークアートなど、様々だ。

キルト作品の制作に自信がある人はどしどし応募しよう!!

 

タペストリーをキルトで作ろう!!

日本ヴォーグ社(東京・新宿)では、パッチワークの手法を用いた作品を募集している。

A部門:ミニタペストリー(パターンはトラディショナルそのままで、色使いにオリジナリティーがあるものが望ましい)。

B部門:袋物(テーマ自由。旅行用バッグ、ショッピングバッグ、ポシェットなど)。

・賞:グランプリ1点=20万円 ほか

・締切:6月22日~26日(必着)

・発表:「キルトジャパン」2016年1月号冬(12月4日発売)誌上(予定)

 

絵画キルト作品を募集!!

諏訪市原田泰治美術館(長野県諏訪市)が主催をしているのは、原田泰治の作品を布と糸で表現した絵画キルト作品を募集。

制作作品は、書籍、カレンダーなどを参考に選定。

①ふるさと絵画部門=原田泰治の作品の素朴画をキルトで創作した作品。

②挿絵・イラスト部門=原田泰治のイラストなどをキルトにした作品。

入賞作品は諏訪市原田泰治美術館に展示。

・賞:最優秀賞1点=30万円/記念品 など

・搬入:9月1日~8日

・発表:10月初旬、応募者に通知

 

和を感じさせるキルト作品の公募!!

きものの街のキルト展実行委員会(新潟県十日町)では、

①和布部門②フリー部門

の2部門でキルトコンテストを行っている。

・出展料:作品1点につき2000円(銀行振り込み)

・賞:①②金賞=5万円/着物地一反など 他

・締切:7月14日~24日(必着)

・発表:8月下旬頃(予定)。、応募者に通知

 


関連記事

拡大を続ける「ロボット市場」

robot

ロボットと言われて始めに思い浮かべるのは人型をしている、いわゆる「ヒューマノイド」タイプだろう。しかし、その種類は様々で、最も普及していると言われているのが「産業用ロボット」だ。これらのロボット市場は、リーマンショック時 […]

詳細を見る

自宅などから病院まで無料送迎サービス!?

Hospital

1週間に通院する回数が多い人や高齢者など病院へ行かなくてはならないのに、病院へ行くまでが大変だという人は多いだろう。 しかし自分で車を運転できないし、タクシーを使うにしても頻繁に使えないといった場合も多々ある。 そうした […]

詳細を見る

財布を見るだけで認知症か判断ができる!?お金と認知症の関係とは。

wallet

介護施設や自宅でもそうですが、少子高齢化の現代において認知症というのは人事ではない状態となりつつあります。 程度にもよりますが、認知症が進むことで記憶力が低下し、不穏になりやすくなります。 そうならないためにも普段から認 […]

詳細を見る