子供の適職探しに母親も!キッザニアで適職診断。

宇宙服を着た子供

「キッザニア東京」は、幼児や小学生に止まらず、中学生向けの職業体験にもサービスの幅を拡大させているようだ。

 

「仕事を考える場」となるキッザニア。

キッザニア東京(東京・豊洲)では、子供の付き添いに来る母親ら向けの復職支援相談窓口を設けられており、専用ブースでは、リクルートジョブズ(東京・中央)とリクルートキャリア(同、千代田)のカウンセラーが「適職診断」を行っていた。

母親にどんな職種が向いているか提案するというもので、母親らの性格や考え方をヒアリングして、子供の教育費を基礎に家計の支出を考えるために「ライフシミュレーター」を使って、月々の収入がいくらあれば十分な教育をすることができるかをカウンセラーが説明するという。

母親がカウンセリングを受けている最中は、子供は職業体験を行いながら遊ぶことができる。

 

中学生もキッザニアで職業体験!!

キッザニアの新たな教育プログラム「ジュニア チャレンジ ジャパン」は、英語を使った職業体験やプログラミング講座のほか、アナウンサーや議員、起業家と対面で話を聞く場面もあり、憧れの職業を身近に感じてもらうことで将来の職業選びに活用してもらう。

 

まとめ

変化が早い現代社会において、自分の仕事に悩む人が多い。

同社は、そうした仕事選びの手助けをしてもらえる環境を作る、人生設計のキャリアカウンセリング機能を持った施設を目指すという。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 

【関連リンク】


関連記事

放課後等デイサービス増加!!しかし、サービスの質にばらつきも。

障害のある子どもに放課後を過ごす場を提供する「放課後等デイサービス」が全国で広がっており、事業所数は制度導入の2012年度から2倍以上の約5800箇所となっている。 生活能力を高める訓練に力を入れている施設がある一方、新 […]

詳細を見る

漫画に絵本!想像力を働かせた傑作を応募しよう!

絵本や漫画など、想像力を働かせた傑作を各コンクールに応募しよう!!今回は公募4つを紹介します。 テーマ自由のオリジナル絵本の公募 文芸社出版文化振興基金(東京・新宿)が主催をしているのは、「文芸社 えほん大賞」だ。テーマ […]

詳細を見る

認知症高齢者を守る「市民後見人」とは!?

この春に、成年後見制度の利用の拡大を図るために「成年後見制度の利用促進に関する法律」が衆院本会議で成立しており、共産党と社民党を除く民進党など野党も賛成していた。 成年後見制度は、成年後見人が認知症や精神障害、知的障害な […]

詳細を見る