社内SNSでメンタルヘルスの問題を早期発見へ!!

社内SNSでメンタルヘルスの問題を早期発見へ!!

交流サイト(SNS)で代表されるのはmixi(ミクシィ)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)などだろうか。

中には写真の投稿だけに特化したものや、企業向け、社内向けの交流サイトも出てきているようだ。

 

ストレスチェックに対応!!社内SNSで早期発見へ!!

12月から従業員50人以上の企業に社員のストレスチェックが義務付けられることとなり、社員の中で希望者にはストレスチェックを受けてもらい、医師から問題ありとされた人には医師の指導等を受けてもらうといった内容となっている。

社内向け交流サイト大手のトークノート(東京・港)は、そうしたストレスチェックにあわせた新機能を追加するとしている。

 

どうやってSNSからストレスチェックを行うの!?

トークノートに追加される新機能はメンタルヘルス問題の早期発見を後押しするもので、SNSの利用状況を30日間以上観測し、一人ひとりのコメント投稿数や使用開始時間などのデータを蓄積し、リズムが大きく崩れたら通知するとしている。

もし心身の不調と判断された場合、管理者や人事担当者らに知らせるといった仕組みになっている。

コメント内容については、プライバシーの観点から分析はしないとしている。

 

新機能の追加料金は無料!!

社内向けSNSの料金は社員1人につき月430円からとなっているが、新機能を使うために追加の料金は発生しないこととなっている。

今後、ストレスチェックが浸透するにつれて利用する企業も増えていくとにらんでおり、今後3年以内で10万社のSNS導入を目指すとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

介護パートの高まる需要、上がる賃金。

kaigo

東京、大阪、福岡、名古屋など、都市圏を中心に、全国各地で様々なタイプの介護・福祉施設があるが、いずれも介護業界では人手不足が慢性的に続いているといった現実がある。 そこで、介護職員を確保するために、業界大手のツクイが介護 […]

詳細を見る

お菓子を買って産地へ観光!?QRコードを読み取り旅行へ。

町並み

東日本旅客鉄道(JR東日本)はJTBパブリッシング(東京・新宿)と組んで、地産品を使って観光情報を発信するとしている。 菓子にQRコードを表記して、産地の観光情報を取得できるようにすることで、旅行を促し沿線地域の活性化を […]

詳細を見る

高まる介護施設での人材派遣、リハビリ支援需要。

kaigoshi

景気回復により介護施設での人材派遣やリハビリ支援サービスの需要が高まっているようだ。 介護施設などでは介護士の求人募集をするものの、思ったように集まらなかったり思ったような人材が入らなかったりするケースが非常に多く、人材 […]

詳細を見る