スペイン発のラケット競技「パデル」の専門スクール開業!!

スペイン発のラケット競技「パデル」の専門スクール開業!!

テニスや野球、バスケットボールにラグビー、フットボールなど様々なスポーツがあります。

また、世界的に見ると日本ではまだまだ知られていない競技もある。

そのひとつのスペイン発のラケット競技「パデル」が埼玉で専門スクールを開業させた。

 

パデルって!?専門のインストラクターからパデルを習おう!!

パデルとはスペイン発祥のスポーツで、テニスコートの半分の面積で、2人対2人のダブルスで対戦します。

また、ポイントの数え方はテニスと同じとなっています。

そのパデルが埼玉県川口市にて専門スクールが開業したことで話題となっている。

日本人や本場スペインのインストラクターから技術を学べ、Cross1(埼玉県川口市)が基は駐車場だった場所に「Cross1 川口デルプラザ」を開いた。

コートを時間単位でも貸し出すとしており、パデルができるコートは関東では所沢市に次いで2件目となっている。

パデルに使うラケットは、卓球のラケットを大きくしたようなデザインで、コートの周辺は強化ガラスなどで囲うのが特徴となっている。

スペインではテニスに匹敵するほどの人気となっており、既に世界中でブームがおこりつつあるようだ。

日本においてはまだまだマイナーなスポーツという印象はぬぐえないが、シンプルなルールに多人数で楽しめるスポーツであることなどから、この専門スクールを発端に日本でもブームが巻き起こるかもしれない。

今後のパデルの動きに注目していきたい。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

冷え性・低体温症を防ぐにはどうすればいいの!?

thermometer

日本に寒気が流れてきて、これから1年で最も寒くなっていくだろう。 そうなると指先などが冷たくなるいわゆる「冷え性」に悩む人も多くなるだろう。 だが、冷え性の特徴としては体の中心部の温度は正常なことが多い。それに対して体の […]

詳細を見る

研修プログラム体系化し「社内大学」設立で社員教育!!

woman

外食業界において課題となっているのは慢性的な人手不足だ。 少子高齢化により若い人材が不足しており、会社によってはシニア人材を取り入れる動きも目立っている。 そうした中、社員教育に注力して離職を防ぎつつ、有力な人材を育成す […]

詳細を見る

ファー小物を日常使い可能な雑貨に!!

kegawa

アパレル会社が2016年秋冬シーズンに向けてファー(毛皮)を使った小物や雑貨の仕入れを増やすとしている。 ビームス(東京・新宿)が毛皮を使ったバッグなどを増やすほか、サザビーリーグ(東京・渋谷)も毛皮をあしらったサンダル […]

詳細を見る