街をブランド化して消費者目線で商品・サービスを生かす。

温泉

消費者のライフスタイルに合わせて地域ブランドつくりに乗り出したのは四国だ。

中小企業基盤整備機構四国本部(高松市)の後押しもあり、5地域の経営者グループが共通テーマを決めて商品やサービスを開発し、観光客などを取り込んでいく考えだ。

 

魅力的な街づくりで県外からの観光客のリピーター獲得目指す。

愛媛県西条市、伊方町など5地域の経営者ら約20人が「客が求める地域の特性」「どんな気持ちを潜在的に持っているか」など、消費者目線でのイメージや魅力をシートに書き込んでいた。

「四国自分ごとプロジェクト」の一コマで、自社の個性をブランディングの専門家と詰めながら、地域を挙げて取り組めるテーマを探していく。

あくまで「その場所へ行くと自分がどうなるか」をポイントとして提案を促す。

市内は地下水が豊富で、自噴する「うちぬき水」が随所にあり、あえて「名水」とうたわず、体を癒すといった目的で水や地下水を使った農産物、アクティビティーを用意していくとしている。

ほかにも佐多岬(伊方町)のグループ地引網や芋ほり、水揚げ直後のシラス加工まで体験メニューをそろえることで、何度も訪れたくなるように工夫した。

温泉旅館のグループでは、生産地から食卓に直接届く食材流通を考えるグループなど5グループが来年2月まで計7回、講義や演習を繰り返して新ブランドの構築を目指すとしている。

今後はSNS(交流サイト)を通じたオンラインショップへの誘導ノウハウの取得やテストマーケティングも予定している。

四国の街がどのように変化していくのか、活動に期待したいところだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

インフルエンザについて正しい知識を持とう!

influenza

毎年冬に感染拡大を見せるインフルエンザだが、これはどの程度の知識を皆さんが持っているのだろうか。正しい知識を今一度確認しよう。 インフルエンザの主な症状や種類 インフルエンザは呼吸器感染症で、この特徴は38℃以上の高熱や […]

詳細を見る

くず餅カフェが首都圏展開!!東京・新宿や千葉へ。

くず餅

「くず餅」の老舗、船橋屋(東京・江東)は若年層を取り込むべく、くず餅プリンなどの和スイーツを取り揃えてた店舗化するなど30代以下の客層を取り込む狙いだ。   和スイーツで若者を取り込む「くず餅」カフェ。 200 […]

詳細を見る

心のドキドキを検知する機能「ときめきセンサー」って?

myaku

人は驚いた時や好きな人と一緒に居る時など血管が心臓の動きが早くなり、血管が脈打ち、いわゆるドキドキした状態となる。 その心のドキドキを検出する機能である「ときめきセンサー」をロームが開発したようだ。   女性か […]

詳細を見る