コンビニ各社でシニア採用の動きが活発化。

konbini

以前勤務していた職場を定年退職し、第二の就職先を求めている60歳以上のシニアの人々はたくさんいる。

そうした中、コンビニチェーン店各社がシニアの採用を積極的に進めているようだ。

その背景にあるのは一体何なのだろうか。

 

福岡県のシニアを積極採用!!

シニア層を雇うメリットにはどういったところがあるのだろうか。

セブンイレブン-・ジャパンは2013年にシニア雇用などを含む相互連携協定を福岡県と結んでおり、既に同県内のシニア人材を150人確保している。

セブンイレブン・ジャパンでは、福岡県発のシニアが働き易い環境を作り上げるとしており、「70歳現役応援センター」と連携を行い、シニアの働き先として紹介をしている。

その結果、65歳以上で福岡県内の従業員は約150人まで増えるかたちとなった。

そのシニアの方々が行う仕事内容だが、基本的にアルバイト店員と大きく変わりがないもので、レジ打ちや品出し、清掃、宅配サービスと多岐にわたっている。

シニアからは自宅近くのコンビニで3~5時間の短時間で働けるとして支持されている。

接客やマナーをシニアから学ぶアルバイト店員も多く、今後も期待が高まっているという。

 

ミニストップでは「手づくりおにぎり」のスタッフに!?

ミニストップにおいても茨城県の一部店舗で店内でつくる「手づくりおにぎり」の専門スタッフの雇用を進めており、早朝の短時間から働けるとして、50歳以上のシニアの人々の応募が多い。

地方の店舗は若年層が少ないことから、シニアの活躍が積極的に行われているようだ。

ミニストップの「手作りおにぎり」は、店内の厨房で炊き上げたごはんに具材をつめて販売するというものだが、作成に人手がかかるため一部の店舗では選択性にして、取り扱いをやめていた店舗もあった。

しかし、今回はシニアの採用となり、人気商品の確実な販売に繋げるのが狙いとなる。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

ホテル稼働率の低下続く。円高が影響か。

梅田の街並み

東京や大阪の主要ホテルで好調だった客足が減退している。 5ヶ月連続の前年割れとなっており、夏の旅行シーズンに訪日外国人や家族客を取り込みきれなかったようだ。   訪日外国人の郊外流出や円高が影響!?ホテルの客足 […]

詳細を見る

AIで高齢者の孤独感を緩和!?見守りツールにも。

AI

AI(人工知能)の活躍がめまぐるしい。 米グーグルは「アルファ碁」を開発し、プロ棋士との勝負に圧勝するなど話題が尽きない。 そんなAIを活用した「ボット」と呼ばれる自動返答機能も注目されているようだ。   AI […]

詳細を見る

託児所の「ママズスマイル」がフランチャイズチェーン展開に。

mother

女性の社会進出が顕著になってきているが、子供を産んだ後に社会復帰するにも子育てをしながらということになるので難しい面がある。 そうした悩みを抱えている母親は多いだろう。その悩みを解決、サポートしてくれるのが託児所の存在だ […]

詳細を見る