人材紹介大手が中国人店員の接客を強化!!訪日外国人対策へ。

人材紹介大手が中国人店員の接客を強化!!訪日外国人対策へ。

訪日外国人が東京や大阪、京都などの都市圏、観光都市に集中している。

特に目立つのはアジア系の訪日外国人で、中国人が目立っている。

そうした中、企業の間で需要が高まっているのが中国語を話せる従業員だ。

そこで、ファッション業界に特化した人材紹介の大手のアイ・ディ・アクセス(iDA、大阪市)は、同社に登録している中国人の接客を強化して需要に対応するとしている。

 

アパレルや化粧品売り場へ、訪日外国人対応ができる人材を。中国人が行う「おもてなし」。

中国人観光客が増加しているため、アパレル関連や化粧品販売を行っている店舗では中国語を話せる販売員の需要が高まっており、即戦力となる人材により他社との違いを打ち出そうとしている。

iDAの「日式接客講座」は昨年12月からスタートしており、毎月1回の講座には15人前後が参加している。

接客マナーはもちろんのこと、日本の職場でのルールやマナーも教え込む。

中国人の派遣スタッフには、中国語は話せても接客レベルが十分ではないといったパターンが多く見受けられており、訪日客が気持ちよく買い物をしてもらえるように接客の質を同講座で高めるとしている。

東京都の場合、新規登録者の5人に1人が中国人という割合になっているようで、これからも登録者が増えると見込まれている。

アパレルや化粧品の売り場では人手不足が続いているため、人材紹介のニーズは高いとされている。

今後、外国人スタッフに日本の接客マナーを教え込むといった取り組みは拡大していきそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

シニア客特化の通販!?外出が難しいシニアをターゲットに通販。

弁当

生活協同組合(生協)や食材宅配(宅食)サービス会社がこぞってシニア用品や食品の通販メニューを特化している。 外出が難しいシニアの需要を取り込む狙いのようだ。   介護用品集めた冊子や衣料品と食品を統合したカタロ […]

詳細を見る

店舗数飽和で進むコンビ二同士の共食い

konbini

最近はどこに行ってもコンビ二がありお目当ての商品は勿論、最近ではチケットの発券から、お金の送金、受け取り、本の予約や購入もできるようになっている。そんなコンビ二も限界数と言われている国内5万店を超えた今も、純増が年間20 […]

詳細を見る

働く女性は腕時計派が多い!さりげなく時刻を確認できるニーズが高まる。

腕時計を見る女性

腕時計をつける女性が増えている。 女性の社会進出が顕著になる中、営業職や管理職に携わる女性にとってさりげなく時刻を確認できる腕時計のニーズが高まっているようで、シチズン時計は女性向け「クロスシー」で新製品となる11モデル […]

詳細を見る