松屋が女性視点の店舗設計に!?外部に内装委託も。

松屋が女性視点の店舗設計に!?外部に内装委託も。

外食各社がこぞって女性視点の店舗設計による、女性の集客の見直しに力を入れている。

日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は女性社員によるプロジェクトチームを発足し、トイレをはじめとする設備の見直しを始めた実験店を出店したことで話題となっている。

 

女性視点で子連れでも使いやすく!!女性視点でデザインされた店舗設計。

日本KFCは「アセット改善プロジェクト」をスタートさせた。

男性視点で設計された店舗は女性には使いづらい部分があると判断され、新たにトイレの設計を変更したようだ。

新型トイレは広さを6㎡弱にし、従来の1.5倍の大きさになったほか、幼児のおむつかえシートや着替え台などを導入し、子連れの母親客でも使いやすいようにした。

さらに、荷物が多くなりがちな女性に配慮して鞄などを置くフックも標準装備するとしている。

第一号店として成城店(東京・世田谷)のトイレを見直した。

今後、約300店ある直営店のほか、フランチャイズチェーン(FC)店にも拡大していきたい方針だ。

松屋フーズにおいては女性の設計士がデザインした内装を久我山店(東京・杉並)に取り入れた。

通常の店舗よりテーブル席を増やしたほか、テーブルには荷物をかけることができるフックを備え、女性客が使いやすくした。

内装のデザインは木目調の壁にして明るさを強調したものとなっており、落ち着いて食事ができるようにした。

外食各社がこうした女性目線の店舗設計に変更している背景には少子高齢化が影響しており、従来のターゲット層だけでは収益面で先細りが懸念されるためのようだ。

新たな展開により需要を開拓を図る。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

認知症高齢者を守る「市民後見人」とは!?

この春に、成年後見制度の利用の拡大を図るために「成年後見制度の利用促進に関する法律」が衆院本会議で成立しており、共産党と社民党を除く民進党など野党も賛成していた。 成年後見制度は、成年後見人が認知症や精神障害、知的障害な […]

詳細を見る

2015年 日本の歴史的イベントをクローズアップ!

2015年が始まったと思いきや、もう3ヶ月が経過しました。今年は北陸新幹線開通もイベントの1つとしてありますが、逆に今まで活躍してきた特急列車が今年で役割を終えることも決まっています。少々ノスタルジーな1年になるかもしれ […]

詳細を見る

保育士求人をSNSで確保!?

介護や看護など慢性的な人手不足で嘆かれている業界があるが、保育士もそのひとつだ。 少子高齢化や給与の安さなどから長く続かなかったり、そもそも求人を出しても集まらないといったことが多々あるようだ。 そうした中、新たな求人方 […]

詳細を見る