ワタミが低価格の老人ホームを展開!!

ワタミが低価格老人ホームを展開!!

老人ホームは介護保険があると言えど、毎月の支払額が高くてなかなか通えない。特に有料老人ホームは入居したいが年金や子供からの仕送りだけでは難しいといった問題を抱えている家族も居るだろう。

そんなニーズをキャッチするのが、ワタミの介護が新たに展開する低価老人ホームかもしれない。

 

入所一時金0円!?新ブランドで売上回復を狙う。

ワタミは7月に埼玉県飯能市で低価格の有料老人ホームを開く。

入所一時金は0円となっており、月額使用料は同社の既存施設より5万~6万円程度割安となっている。

居酒屋以外の収益源として介護事業に参入することとなったワタミだが規模の拡大に伴って近隣に自社の老人ホームが集中するなどして入居率が低下し、売上高も伸び悩んでいた。

そんな中、今回の低価格の有料老人ホームの新ブランド「みずき」が展開されることとなった。

 

「みずき」がなぜコストを抑えれたのか。

なぜ有料老人ホームの低価格化を実現できたのだろうか。

これには様々な部分でコストを抑えることで実現に繋がっているようだ。

建設コストから削減を行い、カフェや理美容室など一部設備を省いており、その分の価格を割安にしたようだ。

今後は6月にも看護しが24時間体制で対応するナーシングホームで開業するなどは介護事業の多様化を進めるとしている。

新ブランド立ち上げで立地や需要に応じた展開ができるかが鍵となるだろう。


関連記事

研修プログラム体系化し「社内大学」設立で社員教育!!

woman

外食業界において課題となっているのは慢性的な人手不足だ。 少子高齢化により若い人材が不足しており、会社によってはシニア人材を取り入れる動きも目立っている。 そうした中、社員教育に注力して離職を防ぎつつ、有力な人材を育成す […]

詳細を見る

自治体がシニアの就業・起業を支援!!シニアの社会参加を促す。

パソコン操作をしているシニア男性

少子高齢化が嘆かれているが、それを逆手にとった活動が全国の自治体で行われている。 人生経験豊富なシニアの活躍推進をすべく、シニアの社会進出を促す取り組みが実施されており、人手不足の緩和に期待がかかっている。 シニア人材活 […]

詳細を見る

47都道府県別の「一番搾り」が好評!!キリンビールの地元専用ビール。

グラスに注がれたビール

キリンビールが5月から順次発売している47都道府県別に味を変えたビール「一番搾り」が人気だ。 消費者の「地元愛」をくすぐるコンセプトが支持を集める要因になっているようで、地元産の素材を使うなど徹底してこだわっているようだ […]

詳細を見る