ロボット外骨格で介護や運搬が楽になる!?

ロボット外骨格で介護や運搬が楽になる!?

近頃のIT(情報技術)の進化はめまぐるしく、同時にロボット関連の進化も著しい。

パナソニックとその子会社のアクティブリンクは、各種のロボット外骨格を紹介する動画を掲載して話題を呼んでいるようだ。

 

ロボット外骨格で変わる環境とは!?

ロボット外骨格は人が装着して使うもので、物流や介護施設などでスタッフの負担軽減に繋がるとして実用化への期待が高まっている。

今回公開された動画には工場作業員や看護労働者、介護労働者などケアが必要な人の能力を向上させるものとして使われる予定で、たとえば「AWN-03」は重い荷物を持つときに腰にかかる負担を15kg減少させることができるため、今まで腰の負担から離職せざるを得なかったスタッフを減らすことができ、結果的に求人費や新しいスタッフの教育などにかかる時間や費用を節約することに繋がることも考えられている。

AWN-03は、装着時に重いものを持ち上げたり抱えたりするときにそれを感知して信号を送ってモーターを作動させるとしている。

これにより装着時には物理的な負担を減らせるような仕組みになっている。

また、歩きや走りを補助する「PLN-01」も開発されており、介護施設などで高齢者がベッドからトイレまで移動するためのアシストとして利用されるようになることを目指しているようだ。

米国防総省高等研究計画局(DARPA)も人間の体にフィットするロボット外骨格を開発しており、2014年のブラジルワールドカップの際には「脳波で制御する外骨格」を装着した麻痺患者が大会のキックオフを行うなど話題となっていた。

今後もこうしたロボット技術の普及も期待されている。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

シニア好みの鍋つゆで需要を取り込み。

鍋

食品各社が「あっさり」と「個包装」をキーワードに、鍋つゆの新製品を投入しており、シニアの需要取り込みにつながっているようだ。 秋冬商戦においてはエスニック風などの新カテゴリーが一段落して、伝統の和風味に回帰していることか […]

詳細を見る

SNSで話題!!見ても食べても楽しめるギョーザ!?

ギョーザ人気がすさまじい。 そんな中、一風変わった具材や味付けで集客をする店が増えており、ご当地ギョーザやロボットがギョーザの箱詰めを実演するなど見ても食べても楽しい店作りが交流サイト(SNS)で話題となっているようだ。 […]

詳細を見る

光で感知!高齢者の徘徊防止システム!!

高齢者を預かる小規模デイサービスやグループホームなどでは特に心配になるのが、認知症を患っている高齢者の対処法だろう。不穏になると施設を徘徊し、施設から外へ出ようとしてしまうので、職員としても不安が尽きないだろう。そんな中 […]

詳細を見る