ユニクロが100人の難民を雇用し自立を支援!!

ユニクロが100人の難民を雇用し自立を支援!!

安価な値段でカジュアル衣料品の販売を行っている、ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ」の国内外の店舗で、難民約100人を雇用するとしている。

 

難民を受けれて自立支援を強化!!

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、来年以降に難民約100人を雇用し、難民問題の解決に向けて動くとしている。

柳井社長は「国や国連に頼って解決を待つのではなく、民間企業と個人が支援に取り組むべきだ」と訴えていた。

同社は2011年から日本での難民受け入れと受け入れた難民の家族をインターンとして受け入れてきた。

現在では国内のユニクロ店舗で計13人を雇用しており、そのうち2人は正社員としてユニクロで働いているという。

欧州などの店舗でも実践し、今後、難民の自立支援を強化していく考ええだという。

ユニクロではインターンシップとして3~6ヶ月は店舗で働き、その後、正社員としての道も用意されている。

 

ユニクロは衣料品を難民に寄贈も。

ユニクロの難民対策は他にもある。

2006年からは不要な衣料品を回収して難民に寄贈する動きを行っている。

これまでにも1000万着以上の衣料品を届けるなど対応をしている。

また、難民は主にベトナム、ラオス、カンボジアの人々で、難民キャンプに訪れたた人々を受け入れている。

ブラック企業というイメージを払拭する狙いがあるなどの超えもあるが、こうした活動を継続している姿勢に評価する声もあるようだ。

今後のユニクロの対応に注目していきたい。

 

【「朝日新聞」「ユニクロ公式サイト(http://www.uniqlo.com/jp/)より一部抜粋。】


関連記事

制服の強制購入や振込み手数料は自己負担!!ブラックバイトは違法になるか!?

money

「ブラック会社」といった言葉は1度は聞いたことがあるだろう。 しかし、最近では会社だけに止まらず、「ブラック求人」や「ブラックバイト」といった言葉までが飛び交うようになってきた。 ブラック会社やブラック求人についてはよく […]

詳細を見る

外国人の家事代行が来春から神奈川でスタート!!大阪も視野に?

kajidaikou

共働き世帯の増加に伴い急激に増えているのが家事代行サービスだ。 家事代行サービスはたとえば2時間の契約時間中に、家の掃除や洗濯などを代わりに行ってくれるといったサービスで、清掃業者などが中心となって参入している。 その家 […]

詳細を見る

今夏一組限定!駅のホームで結婚式!?

wedding

結婚式を開くとしたら、あなたならどこで開催したいと思うだろうか。結婚式は言わずと知れて、一生に一度きりの2人の思い出となるものだ。場所や食事などプランを決める際もかなり悩むところだろう。さて、そんな結婚式だが、今夏、1組 […]

詳細を見る