ユニクロが100人の難民を雇用し自立を支援!!

ユニクロが100人の難民を雇用し自立を支援!!

安価な値段でカジュアル衣料品の販売を行っている、ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ」の国内外の店舗で、難民約100人を雇用するとしている。

 

難民を受けれて自立支援を強化!!

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、来年以降に難民約100人を雇用し、難民問題の解決に向けて動くとしている。

柳井社長は「国や国連に頼って解決を待つのではなく、民間企業と個人が支援に取り組むべきだ」と訴えていた。

同社は2011年から日本での難民受け入れと受け入れた難民の家族をインターンとして受け入れてきた。

現在では国内のユニクロ店舗で計13人を雇用しており、そのうち2人は正社員としてユニクロで働いているという。

欧州などの店舗でも実践し、今後、難民の自立支援を強化していく考ええだという。

ユニクロではインターンシップとして3~6ヶ月は店舗で働き、その後、正社員としての道も用意されている。

 

ユニクロは衣料品を難民に寄贈も。

ユニクロの難民対策は他にもある。

2006年からは不要な衣料品を回収して難民に寄贈する動きを行っている。

これまでにも1000万着以上の衣料品を届けるなど対応をしている。

また、難民は主にベトナム、ラオス、カンボジアの人々で、難民キャンプに訪れたた人々を受け入れている。

ブラック企業というイメージを払拭する狙いがあるなどの超えもあるが、こうした活動を継続している姿勢に評価する声もあるようだ。

今後のユニクロの対応に注目していきたい。

 

【「朝日新聞」「ユニクロ公式サイト(http://www.uniqlo.com/jp/)より一部抜粋。】


関連記事

2015年4月に変化する通所介護事業!

change-2

昨年から噂をされていた特養などに続く、通所介護事業の地域密着型サービスへの移行や、それに関して通所介護事業所の規制がいよいよ2015年4月から開始されることになった。通所介護事業主やこれから開設予定の事業主必見の情報だ。 […]

詳細を見る

求人が増えている飲食、塾、小売業界。人手不足深刻に。

work

日本ではどこの業界も人材不足が嘆かれているが、特に飲食店、塾、小売業界については人材採用が著しく続いており、5月の新規求人数は、それぞれ2桁を記録するなど大きく伸びている。   高まる求人倍率。全体の倍率が24 […]

詳細を見る

訪日外国人向けの地図検索アプリが誕生!!

map

ビザの発給緩和や公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の整備などで2020年東京オリンピック招致活動により年々、中国や韓国などアジア圏を中心とし、訪日外国人が急増している。 そうした訪日外国人の旺盛な需要を取り込むア […]

詳細を見る