47都道府県別の「一番搾り」が好評!!キリンビールの地元専用ビール。

グラスに注がれたビール

キリンビールが5月から順次発売している47都道府県別に味を変えたビール「一番搾り」が人気だ。

消費者の「地元愛」をくすぐるコンセプトが支持を集める要因になっているようで、地元産の素材を使うなど徹底してこだわっているようだ。

 

地元の味を楽しめる「一番搾り」キリンビールって?

福岡天神の屋台「まみちゃん」では「一番搾り、福岡づくり」が売れている。

同商品は1瓶あたり1円が熊本地震の復興支援となることから注文する客も居るようだ。

47都道府県「一番搾り」は、地域の料理や気風にあったビールを作るために今年から始まった。

各地の飲食関係者や著名人とワークショップを開催してテーマや味を決めるといった「地域密着」を強く意識している。

使用する原料や醸造方法も変えており、味も大きく異なるものとなっている。

たとえば「名古屋づくり」は濃い味噌をつかった料理に合うように濃い味にしているなど、地域の料理にあった工夫が凝らされている。

小売店も販売に力を入れており、酒類大手カクヤス(東京・北)は、店や宅配先で積極的に商品の説明を行っている。

地元限定のビールは顧客との会話のネタにもなっているようだ。

特売などで価格を下げなくても売れるといった面は小売店にとってメリットとなっている。

キリンビール側は、従来は取引がなかった飲食店とも取引のきっかけとなっており、、全国で1万点の新規開拓に繋がるなど大きく成果が出ている。

ただ、最大の目的は通常品の売上を上げることのようで、今回の新展開で広まった知名度やブランド力の維持が重要になると考えられる。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

47都道府県「一番搾り」-キリン公式サイト


関連記事

UターンIターン促進策が進む!?就活時の人材確保へ。

syukatsu

長野県の自治体が大学生向けのUターン、Iターン促進策を広げて、衆活時の地域人材の確保を狙うとしている。 2018年春に卒業する学生向けのインターンシップ(就業体験)においては、インターンの補助金や企業見学1泊ツアーを実施 […]

詳細を見る

求人が増えている飲食、塾、小売業界。人手不足深刻に。

work

日本ではどこの業界も人材不足が嘆かれているが、特に飲食店、塾、小売業界については人材採用が著しく続いており、5月の新規求人数は、それぞれ2桁を記録するなど大きく伸びている。   高まる求人倍率。全体の倍率が24 […]

詳細を見る

医療・福祉の就業者が約10万人増えている!?

doctor

総務省が公開した2015年国勢調査の抽出速報集計結果では、卸・小売の就業者数は20万人減り、逆に医療・福祉については約10万人が増えたという。 この背景には働く女性の存在感の高まりがあるようだ。   国勢調査で […]

詳細を見る