ビジネスにもプライベートにも使えるリュックは実はアウトドアブランド!?

ビジネスにもプライベートにも使えるリュックは実はアウトドアブランド!?

仕事とプライベートで使うカバンは分けていますか。

ビジネスシーンで一般的に使われているバッグとプライベートで使うバッグはデザインや色などの観点から使い分けているという人も多いのではないでしょうか。

できればオンもオフも兼用したいという人も多いでしょうが、なかなか使いまわしが利くものが見つからないと思います。

実は機能的かつデザイン的な面でも問題なく兼用できるのはアウトドアブランドのリュックかもしれません。

 

アウトドアブランド発のビジネスリュックとは!?

アウトドアブランド発でビジネスリュックといえば「ザ・ノース・フェイス」ではないだろうか。

アウトドアといえば登山用のバックパックが主流ナイメージがあるだろうが、実は最近は多くのアウトドアブランドからPC収納つきのビジネスリュックが発売されており注目が集まっている。

2012年から発売されている「シャトル」シリーズはマイナーチェンジを繰り返し今でも愛され続けている人気シリーズで、蛇腹式の専用コンパートメントやモバイルルーターや電源を収納できるオーガナイザーも備わっている。

そしてアップル社製品の収納に最適化された「バイト」シリーズがアップルにて2010年から販売されたことをきっかけに「ザ・ノース・フェイス」というブランドが広く認知されれるようになったようだ。

現在では誰しもスマートフォン(スマホ)を持っていることから両手が自由に使えるリュックが支持される傾向にあり、ビジネスシーンでもリュックを使うことが一般的になった。

アウトドアブランドということから、背負い心地も快適で軽く使いやすい設計となっている。

ボディの素材も一般的なビジネスバッグに使われているナイロンを使用するほか、ファスナーやステッチ(縫い目)を目立たなくするデザインによりビジネスのほかタウンユースにも最適化されたデザインとなっている。

今ではファッションアイテムとして高い評価を得ており、今後の商品の展開にも期待がこめられている。

 

【「ヤフーニュース」より一部抜粋。】


関連記事

高級綿使用の着心地を追及した服を展開のヨンドシー。

毎日着る服に求めることはどこにあるだろうか。 デザインや素材など様々だが、できることならばそれらが両立されている服が望ましいだろう。 宝飾品大手のヨンドシーホールディングス子会社のアスティ(広島市)は、スーピマ綿(米国) […]

詳細を見る

夏はなぜ暑いのか。太平洋高気圧にその秘密が隠されていた!?

夏になるとベタつくような暑さにみまわれる日が続きます。むしむしと体にまとわるような暑さが特徴ですが、どうしてこのようになるのでしょうか。これには太平洋高気圧が関係していたようです。 猛暑の原因。 太平洋高気圧は、正式には […]

詳細を見る

認知症予防には運動よりも料理が効果的!?

認知症の高齢者の徘徊などが社会問題となっている。 少子高齢化の影響により日本においては特に認知症予防への対策が急務となっているような状態だ。 認知症を未然に防ぐためには適度な運動が効果的とされていたが、運動以上に効果的と […]

詳細を見る