サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?

サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?日本の食卓の定番とも言えるサケは焼いてもムニエルにしても十分美味しい。おすすめの食べ方はやはり、あの食べ方!?

美味しいサケの見分け方

スーパーなどでは切り身で並んでいることが多いだろうが、美味しいサケのポイントを紹介しよう。

一、 体に張りがあり太っている物を選びましょう。
二、 身の色が褪せていない物を選びましょう。
三、 鱗がはげていない物を選びましょう。

そして特にサケが美味いのは、産卵場に向かうため母川を遡上しはじめる直前の9月~11月ごろがたっぷりと脂がのっている。

サケの種類について

サケは生まれた川に戻って産卵するというイメージが強いが、一生を同じ川や湖で過ごす種類もいる。ただ、共通しているのは、どの種も生まれ故郷で産卵が行われる。さて、そんなサケの種類についてだが、かつてはサケといえばシロザケの塩ジャケが一般的だった。これは保存のためだけでなく、岩塩がとれない日本において、塩を流通させるための目的もあった。流通の発達した現代においては、春にはトキサケ、秋口にはアキアジと呼ばれて生で扱われることが当たり前になった。見分け方は、シロザケは背側が青黒色で腹側は白色、その他は銀色をしている。マスノスケはキング・サーモンの和名で、サケの中でも最も脂ののりが良く、体調が1~2mほどある。

生のサケは寄生虫がいる!?

注意して欲しいのが、生のサケには寄生虫がいるので必ず火を通して食べて欲しい。ノルウェーサーモンの影響で、サケを生で食べるのが一般的になってきているようだが、これらは養殖技術の発達のおかげである。

サケのおススメの食べ方

やはり魚嫌いな子供も魚好きにできることで評判の高いムニエルだろう。トキシラズの切り身に塩、こしょう、小麦粉をまぶして、熱したフライパンにサラダ油をひいて皮目から焼く。焦げ目がついたらひっくり返して両面を焼いて、焼けたらバターを入れ、皿にレモンをそえて完成だ。コツは塩を強めにするとフワフワとした食感になりより美味しくなる。


関連記事

知っておこう!リサイクルに関わる法律あれこれ!

空き缶や紙パックといった身近なものから、建設資材や自動車部品など、様々な分野で行われているリサイクル。それらに関わる法律を少し見てみましょう。 容器包装リサイクル法 「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法 […]

詳細を見る

薬の服用に関わるミスとリスク。どう防ぎ、どう対応する!?

自ら薬を服用できない人に対し、看護師や家族などが投与を行う姿は一般的によくみられる光景です。しかし、そこには常に様々なミスの可能性が存在します。 ミスを防ぐにはどうすれば良いか?万が一ミスが起きた時にどのように対応するか […]

詳細を見る

日本人宇宙飛行士の歴史

日本人の宇宙飛行は「宇宙特派員」としてソユーズに搭乗した秋山豊寛氏の商業的な宇宙飛行が最初であった。その後、国が宇宙開発事業の一環として行っている。日本人宇宙飛行士の歴史はどのようになっているのだろうか。 日本人宇宙飛行 […]

詳細を見る