サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?

サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?日本の食卓の定番とも言えるサケは焼いてもムニエルにしても十分美味しい。おすすめの食べ方はやはり、あの食べ方!?

美味しいサケの見分け方

スーパーなどでは切り身で並んでいることが多いだろうが、美味しいサケのポイントを紹介しよう。

一、 体に張りがあり太っている物を選びましょう。
二、 身の色が褪せていない物を選びましょう。
三、 鱗がはげていない物を選びましょう。

そして特にサケが美味いのは、産卵場に向かうため母川を遡上しはじめる直前の9月~11月ごろがたっぷりと脂がのっている。

サケの種類について

サケは生まれた川に戻って産卵するというイメージが強いが、一生を同じ川や湖で過ごす種類もいる。ただ、共通しているのは、どの種も生まれ故郷で産卵が行われる。さて、そんなサケの種類についてだが、かつてはサケといえばシロザケの塩ジャケが一般的だった。これは保存のためだけでなく、岩塩がとれない日本において、塩を流通させるための目的もあった。流通の発達した現代においては、春にはトキサケ、秋口にはアキアジと呼ばれて生で扱われることが当たり前になった。見分け方は、シロザケは背側が青黒色で腹側は白色、その他は銀色をしている。マスノスケはキング・サーモンの和名で、サケの中でも最も脂ののりが良く、体調が1~2mほどある。

生のサケは寄生虫がいる!?

注意して欲しいのが、生のサケには寄生虫がいるので必ず火を通して食べて欲しい。ノルウェーサーモンの影響で、サケを生で食べるのが一般的になってきているようだが、これらは養殖技術の発達のおかげである。

サケのおススメの食べ方

やはり魚嫌いな子供も魚好きにできることで評判の高いムニエルだろう。トキシラズの切り身に塩、こしょう、小麦粉をまぶして、熱したフライパンにサラダ油をひいて皮目から焼く。焦げ目がついたらひっくり返して両面を焼いて、焼けたらバターを入れ、皿にレモンをそえて完成だ。コツは塩を強めにするとフワフワとした食感になりより美味しくなる。


関連記事

【労働者派遣を行うのにあたっての留意点】

日雇い派遣の原則禁止 日雇い派遣は、派遣元事業主や派遣先事業主が雇用の管理責任が果たされていないとし、また、日雇い派遣は肉体的に危険が伴う単発的な業務をさせる傾向にあり、労働災害の発生の原因にもなっていたことから、雇用期 […]

詳細を見る

「レジリエンス」を鍛えて生産性を高めよう!

「レジリエンス」という言葉を聞いたことはあるだろうか?これはタフで折れない心のために重要なものとなっています。この「レジリエンス」を身につけてより生産性の高い仕事を行うようにしましょう。 誰もが身につけられる「レジリエン […]

詳細を見る

大学と大学校って何が違うの!?

大学と大学校。どちらも非常に似ていて、同じ意味のものと思われがちだが果たして本当のところはどうなっているのだろうか。 大学と大学校には定義がある。 まず「大学」についてですが、実は法律によってきっちり規定されていました。 […]

詳細を見る