サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?

サケ(鮭)のおいしい食べ方って!?日本の食卓の定番とも言えるサケは焼いてもムニエルにしても十分美味しい。おすすめの食べ方はやはり、あの食べ方!?

美味しいサケの見分け方

スーパーなどでは切り身で並んでいることが多いだろうが、美味しいサケのポイントを紹介しよう。

一、 体に張りがあり太っている物を選びましょう。
二、 身の色が褪せていない物を選びましょう。
三、 鱗がはげていない物を選びましょう。

そして特にサケが美味いのは、産卵場に向かうため母川を遡上しはじめる直前の9月~11月ごろがたっぷりと脂がのっている。

サケの種類について

サケは生まれた川に戻って産卵するというイメージが強いが、一生を同じ川や湖で過ごす種類もいる。ただ、共通しているのは、どの種も生まれ故郷で産卵が行われる。さて、そんなサケの種類についてだが、かつてはサケといえばシロザケの塩ジャケが一般的だった。これは保存のためだけでなく、岩塩がとれない日本において、塩を流通させるための目的もあった。流通の発達した現代においては、春にはトキサケ、秋口にはアキアジと呼ばれて生で扱われることが当たり前になった。見分け方は、シロザケは背側が青黒色で腹側は白色、その他は銀色をしている。マスノスケはキング・サーモンの和名で、サケの中でも最も脂ののりが良く、体調が1~2mほどある。

生のサケは寄生虫がいる!?

注意して欲しいのが、生のサケには寄生虫がいるので必ず火を通して食べて欲しい。ノルウェーサーモンの影響で、サケを生で食べるのが一般的になってきているようだが、これらは養殖技術の発達のおかげである。

サケのおススメの食べ方

やはり魚嫌いな子供も魚好きにできることで評判の高いムニエルだろう。トキシラズの切り身に塩、こしょう、小麦粉をまぶして、熱したフライパンにサラダ油をひいて皮目から焼く。焦げ目がついたらひっくり返して両面を焼いて、焼けたらバターを入れ、皿にレモンをそえて完成だ。コツは塩を強めにするとフワフワとした食感になりより美味しくなる。


関連記事

子どもの学力向上なるか?「脱ゆとり教育」とは!

2014年度の大学受験生は2008年に改定された新しい学習指導要領による教育を受けた世代として初めての大学受験となりました。学習内容が縮小傾向にあった「ゆとり教育」から一転、内容・授業数を増加させたいわゆる「脱ゆとり教育 […]

詳細を見る

【デイサービスの介護派遣】

朝のお迎え・夕方の送り「送迎業務」も含まれる デイサービスは「通所介護施設」というだけあって、利用者を朝のお迎えから夕方の送りまで送迎車で送迎する業務内容まで含まれる場合もあります。普通自動車免許を持っていて常日頃から車 […]

詳細を見る

「天気」にまつわる諺色々!

明日の天気が気になるのは今も昔も変わりません。靴を飛ばして明日の天気を占う行動は、小学生にとってメジャーな遊びの一つです。古くは下駄を使っていた天気占いのように科学的根拠に基づいた天気予報が行われる以前は、過去の経験から […]

詳細を見る