スマホで薬を予約できるサービス開始!

スマホで薬を予約大衆薬・日用品のインターネット通販大手のケンコーコムはスマートフォン(スマホ)を使った調剤薬局に処方薬の予約サービスを本格展開するようだ。さらに、夏からはこの予約サービスを活用した製薬会社向け公告事業も始めるという。

「ヨヤクスリ」を本格事業として展開に…

ケンコーコムは、昨年の2月から、会員制の医薬品ヨヤクサービス「ヨヤクスリ」を展開している。これは、病院などで出される処方箋をスマホで撮影をして、薬局に送信することで医薬品を用意してもらえるような仕組みとなっている。この処方箋画像を使って、利用者ごとの処方箋の履歴である電子版の「お薬手帳」を作成することで、スマホで履歴を見られるようにする。

ケンコーコムは「ヨヤクスリ」のサービス開始から1年を受けたことにより、ヨヤクスリの専門サイトに直接移動できるバナーをケンコーコムの通販サイトに設置し、利用者数を増やして収益増を見込んだ本格事業とする。ケンコーコムの通販サイトには1日20万人の人が訪問しているようで、それらの訪問者をヨヤクスリの会員に取り込み、夏までには10万人を目指す予定だという。

薬局と利用者を繋ぐ「コンシェルジュサービス」とは!?

ケンコーコムによると、利用者から送信された処方箋の画像を、ファクス受信できる薬局は全国で約7割となっており、3万8千店はあるという。ヨヤクスリのサービスは便利ではあるが、利用者からは実際に薬を用意してもらえるのかといった不安や、薬局からは用意した薬を利用者がちゃんと取りに来るのかといった不安があるようだ。

そこで、ケンコーコムがヨヤクスリの信頼性を高めるために「コンシェルジュサービス」といったそれぞれの相談窓口となるサービスを展開している。これは、利用者が処方箋画像を送信した際には電話などで薬局に通知。そして利用者には医薬品が手配されたことをメールで連絡したりするなど、徹底したサービスを行い、安心して利用してもらえるような体制を整えているようだ。


【「日経MJ」より一部抜粋】


関連記事

高齢者は車がないと暮らせない!?地方の交通事情。

大阪や東京、京都、福岡など観光や都市的に発展している地域においては交通手段に困ることは少ないだろう。 電車やバスも頻繁に往来しており、駅の数も多い。 しかし、それが地方になると事態は一変する。 車がないと暮らせないという […]

詳細を見る

医療・福祉の就業者が約10万人増えている!?

総務省が公開した2015年国勢調査の抽出速報集計結果では、卸・小売の就業者数は20万人減り、逆に医療・福祉については約10万人が増えたという。 この背景には働く女性の存在感の高まりがあるようだ。   国勢調査で […]

詳細を見る

ソニーが常駐看護の有料老人ホームを来春開業へ。

少子高齢化に伴い、介護施設に入れない高齢者があふれ出していることと共に介護・看護の業務に携わる人材不足が嘆かれている。 そうした中、異業種からの福祉業界への参入が相次いでいる。 来春にはソニーが初となる介護付き有料老人ホ […]

詳細を見る