絶えない接触事故。電動車いすに乗る際は注意を。

電動車いすによる接触事故電動車いすは高齢者や障害者に非常に重宝されていて、操作がしやすいということからも普及が進んでいるが、電車の踏切を渡りきれずに電車と接触する事故に合うといったケースが後をたたないという。

対策難しく、死亡事故も。

大阪府内では、府内の特に危険とされる踏切11箇所をリストアップした。

大阪府警が認定した危険な踏み切り11箇所リスト

路線 踏切名 理由
JR片町線 新喜多 交通量が多い、上下線共に段差があるなど。
鯰江 上下線間に高低差があり危険。
雁屋裏 線路とアスファルトの段差があるなど。
JR関西本線 正覚寺 道路の端が切れ込み型になっているなど。
JR東海道本線 桜井村 段差があり危険。
西谷 見えづらい縁石がある。
百山 道路の端に不良部分があり危険。
阪堺電気軌道阪堺線 高須神社4号 線路との段差が大きい。
南海本線 岡田浦7号 端が切れ込み型で危険など。
孝子2号 段差が多い。
阪急箕面線 牧落 狭い、段差が多いなど。

また、電動車いすを使った実験も静岡県浜松市の「電動車いす安全普及協会」と協力して実験を行った結果、「急展開すると車輪がレールのみぞにはまり危険になる」ことや「踏み切りの溝から逸脱して転倒してしまう恐れがある」のいずれかに当てはまるということが判明している。2007年~2014年の間には7人の死亡事故を出すなど大変問題ではあるが、鉄道会社各社側も定期的に点検や補修をしているものの、構造上解消が困難であることも明らかにしている。

事故をなくすためにはどうすれば良いのか?

最大の防御策は、やはり踏切を渡らないようにするということだ。ただ、どうしても渡る際は介助してくれる人をつけるなど工夫が必要だ。


【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事

黄砂は一体どこからやってくるのか

これからの季節、毎年どこから黄砂が飛んでくるのだろうか。 黄砂の発生 黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などや黄土地帯から強風により吹き上げられて飛散してきます。日本における黄砂は偏西風の影響により毎年3月~5月にかけて多 […]

詳細を見る

【介護派遣で働く時のシフトについて】

基本的に介護施設の営業時間は365日24時間年中無休です。そこで働く介護士は24時間のシフトでの勤務がメインとなります。基本的なシフトを紹介すると、早番・日勤・遅番・夜勤と4交代制の施設が平均して多いようです。 4交代制 […]

詳細を見る

【派遣通知書とは?】

派遣関連コンテンツ一覧 派遣元(派遣会社)は派遣社員を派遣させる時に、派遣通知書という書類を派遣先に渡さなければなりません。(労働者派遣法第35条) 通知しなければならない項目は次の①~④です。 ①派遣社員の氏名および性 […]

詳細を見る