黄砂は一体どこからやってくるのか

これからの季節、毎年どこから黄砂が飛んでくるのだろうか。

黄砂の発生

スマートホテル黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などや黄土地帯から強風により吹き上げられて飛散してきます。日本における黄砂は偏西風の影響により毎年3月~5月にかけて多く観測されています。また、この黄砂が飛んでくる量は黄砂の元となっている黄土地帯や砂漠での強風の度合いや土壌の水分量や積雪の有無、土壌粒子の大きさ、そして上空の風の状態によって大きく左右されます。大気中に舞い上がった黄砂粒子は、比較的大きな粒子の場合は重力の影響により直ぐに落下しますが、小さな粒子は軽く、上空の偏西風などの風に運ばれて遠くまで飛ばされます。

黄砂の影響

黄砂は非常に厄介で、洗濯物を屋外に干していたり、車を駐車していたりすると黄砂で汚れるどころか、黄砂が日本に来る際に、大気汚染が深刻な中国の工業地帯を通過するので、大気汚染物を吸着していることとなり、公害であるという関心が高まっています。また、気象庁や環境省では、黄砂を観測した地点や予測についてを「黄砂情報」や「黄砂飛来情報」として発表をしています。

また、中国や韓国では特に被害が深刻で、注意報や警報が発表されるだけでなく、視界がほとんど利かなくなり、交通機関にも影響が出てきます。日本はここまでの影響はないが、黄砂が舞い散る時期に外出する際は花粉対策と同じようにサングラスやマスクの装着が重要になってくるだろう。


関連記事

離職後の1年以内の労働者派遣が禁止になったのは何故か!?

平成24年に労働者派遣法が改正された際に、離職後の1年以内の労働者派遣が禁止となったが、これは一体何故でしょうか。 労働条件の切り下げを防止が目的 本来なら直接雇用をして雇用を継続すべき労働者を派遣労働者にすることで、労 […]

詳細を見る

大学と大学校って何が違うの!?

大学と大学校。どちらも非常に似ていて、同じ意味のものと思われがちだが果たして本当のところはどうなっているのだろうか。 大学と大学校には定義がある。 まず「大学」についてですが、実は法律によってきっちり規定されていました。 […]

詳細を見る

【派遣受け入れ前に知っておこう!労働契約申し込みみなし制度】

2015年10月より、労働者派遣法による新たな制度「労働契約申し込みみなし制度」が施行されます。この制度は、派遣先である企業・施設等にとって非常に大きな意味を持つものです。制度開始まで1年を切った今、改めて内容を確認して […]

詳細を見る