「スマートホテル」が7月に開業!?

スマートホテルスマートホテルを知っているだろうか。これはハウステンボス(長崎県佐世保市)が発表した、省人・省エネを最新のITを用いて運営するホテルのことで、格安で宿泊ができるということで話題を呼んでいる。

接客ロボット導入で人件費を削減

ホテル経営で最もコストがかかるのが人件費だと光熱費だ。その2つのコストを下げることで1泊7000円からという格安で宿泊できるホテルの運営が可能となった。世界一生産性の高いホテルで海外展開をすることを視野に入れている。具体的なコスト削減方法としては次のようになっている。

光熱費 断熱素材と遮熱塗装 自然風を有効活用 太陽光発電などの再生可能エネルギーを使用
人件費 接客ロボットを3台配置 コーヒーなどを運ぶサービスを1~2台設置 清掃ロボット数台を設置

また、多言語対応をしていたり、客室では顔認証システムを採用したりして、鍵を持たずに部屋を出入りできるような仕組みをつくっている。これだと外国人観光客が来た際も問題なく対応でき、また鍵の管理のことを考えることもなくなるので安心だ。何より、これらによって人件費と光熱費を、それぞれ3分の1以下に抑えることが可能になる。

業界初! オークション方式!

ホテル業界初のオークション式を取り入れるそうで、需要によって料金が変動する仕組みとなっている。上限と下限の設定がされており、1000円刻みで入札をして最も高額な入札をした人がその部屋に宿泊をすることができるという仕組みだ。


【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事

【介護施設で有給休暇を取得するコツ】

介護施設における有給休暇取得率は3割!? 介護施設における有給休暇の取得率は一般企業と比較すると低く、全体として3割程度に留まっています。他の職員が誰も取っていないから有給を使いたいと言い出しにくい。自分が休むことで他の […]

詳細を見る

レッドリストってどういうもの?

たまにレッドリストという言葉を耳にするが、どのようなリストなのだろうか。実は、絶滅が危惧されている動植物のリストで、種類も様々なようだ。 絶滅危惧種を守れ!レッドリストの意味とは もともとレッドリストは国際自然保護連合に […]

詳細を見る

【派遣先責任者とは】

介護施設等の派遣先は派遣社員を受け入れるにあたり、派遣先責任者を選任しなければなりません。 派遣先責任者の業務 ①介護派遣等に係わる派遣契約で派遣会社から受けた通知内容について介護施設等の関係者に周知 ②抵触日に関する派 […]

詳細を見る