イオンが欧州企業と合併会社設立!!起業家精神の取り込みが狙い!?

イオンが欧州企業と合併会社設立!!起業家精神の取り込みが狙い!?

イオンは有機商品の専門店を手がける欧州企業と、日本で合併会社を設立した。

フランスでたまたま店を訪れた際に偶然出会ったことから合併の話になった。

狙いは提携先企業の「起業家精神」を社内に取り込むこととなっている。

 

社風の改革を実施!?合併会社はイオンリテールの社長が登板!?

マルネ・アンド・ファイナンス・ヨーロッパ(ブリュッセル)との折半出資で「ビオセボン・ジャポン」を設立し、有機農産物や有機産品原料にした加工食品や化粧品などを専門に取り扱う店舗を運営しており、そのノウハウを生かして、同様の専門店を5年で50店舗開くとしている。

日本での市場規模も緩やかに拡大を続けており、市場規模が30倍の米国や4倍のフランスと比較すると、拡大の余地は大きいとされている。

岡田社長が有機ビジネス激戦区の地フランスで、急成長している彼らの実行力に注目したことから合併が決まった。

岡田社長はイオンリテールの取締役から外れてまで、新事業の推進役として登板するようだ。

岡田社長は、企業の永続には新たな収益源を生み出す企業内起業家が必要不可欠と見ており、社員に様々な挑戦をさせて、将来的には上場を目指すとしている。

もちろん、非効率があるのは否めないが、岡田社長がイオンの前身のジャスコ社長に就任してからもうすぐ20年となり、いつまでも世代交代を避けることができないと考えることから、今回の設立を進めたとされている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

イオン株式会社


関連記事

拡大を続ける「ロボット市場」

ロボットと言われて始めに思い浮かべるのは人型をしている、いわゆる「ヒューマノイド」タイプだろう。しかし、その種類は様々で、最も普及していると言われているのが「産業用ロボット」だ。これらのロボット市場は、リーマンショック時 […]

詳細を見る

中古マンションをシニア向けに衣替え。

マンション

v   くつろげる内装を間取りに。シニア向けのマンションへ。 田園都市線の沿線では高度経済成長期に相次いで建てられた戸建て住宅が広がり、子供が独立した夫婦が多く住んでいるとされており、2人暮らしには間取りが広く […]

詳細を見る

冷え性・低体温症を防ぐにはどうすればいいの!?

日本に寒気が流れてきて、これから1年で最も寒くなっていくだろう。 そうなると指先などが冷たくなるいわゆる「冷え性」に悩む人も多くなるだろう。 だが、冷え性の特徴としては体の中心部の温度は正常なことが多い。それに対して体の […]

詳細を見る