カフェ・ド・クリエが新たに店ごとに顧客ニーズに応える形態に!?

カフェスペース

ポッカクリエイト(東京・千代田)は自社が運営するカフェ「カフェ・ド・クリエ」は、立地に合わせた店作りを行っており、病院や商業施設によってメニューや内装を変えて、店によって異なる顧客のニーズに対応するとしている。

 

商業施設や病院などで異なる店作り、展開を行うカフェ・ド・クリエ。

カフェ・ド・クリエは店ごとに異なる形態をとることで、各店舗の魅力を高めて5年後に現在の約2倍の400店舗体制を目指すとしている。

同社は「カフェ・ド・クリエ」を約200展開しており、商業施設の店舗は「カフェ・ド・クリエ コマース」として、ファミリー層や女性をターゲットとした店作りを行い、店内を木目調にするほか、観葉植物をレイアウトするなどし、落ち着いた雰囲気にする。

また、病院内は「カフェ・ド・クリエ ホピタル」とし、提供するメニューには、カフェインレスのコーヒーやハーブティーといった健康に配慮したものとなっているほか、レジに手すりをつけたり、車椅子でも入りやすいようにレジカウンター下にくぼみを持たせることで店作りも工夫する。

書店と併設された店舗は「カフェ・ド・クリエ リーブル」として出店する。

ソファ席を設けて、長時間滞在の際にも楽に本とカフェを楽しめるようにしたほか、本を読みながらでも扱いやすいマグカップやメニューの開発も行うとしている。

都心を中心にスターバックスコーヒーやコメダ珈琲店が積極出店していることから競争が激化しており、立地にあった業態開発により競合他社と差別化を図る狙いだ。

ただ、今後は店ごとに違うコンセプトになることから、チェーン運営に比べてオペレーションは非効率になる恐れがあることから、利益を出せる仕組みづくりが課題になると考えられている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

カフェ・ド・クリエ


関連記事

サプリを男性にも!!ファンケルがカタログやPOPを工夫!!

サプリと言えば女性が飲んでいるものというイメージがまだまだ強いようだ。 ファンケルはサプリメントで新規の来店客を増やすべく、販促に工夫を凝らしているという。   男性客の集客なるか!?広告やPOPで対策!! 男 […]

詳細を見る

30歳の誕生日を祝う女性が増えている!?

一昔前だと、30歳になると「もう若くない」、「20代に戻りたい」といった消極的な声が聞こえていたが、今は30歳になったことを祝う女性が増えているのだという。また、それ以外にも、10歳や生後6ヶ月など、誕生日の節目を祝う人 […]

詳細を見る

光で感知!高齢者の徘徊防止システム!!

高齢者を預かる小規模デイサービスやグループホームなどでは特に心配になるのが、認知症を患っている高齢者の対処法だろう。不穏になると施設を徘徊し、施設から外へ出ようとしてしまうので、職員としても不安が尽きないだろう。そんな中 […]

詳細を見る