着こなしを他の人が提案してくれるアプリって!?

着こなしを他の人が提案してくれるアプリって!?

「せっかく気に入って買ったのに、着こなし方がわからずクローゼットの中で眠ったままになっている服がある」といった悩みを持っている女性はかなり居るだろう。

そうした悩みを解決してくれるアプリが登場したようだ。

 

着まわしをアプリ利用者同士で提案!?

スタンディングオベーション(東京・渋谷)は8月中旬に女性の衣服の着まわしをサポートするアプリをリニューアルし、同アプリを利用しているほかの利用者に服を組み合わせてもらうなどの着まわしを利用者同士で提案できるようにする。

最近は素人のおしゃれを参考に等身大のコーディネートを楽しみたいといった若い女性が増えていることから利用者により活発な交流を促すとしている。

アプリの名前は「XZ(クローゼット)」というもので、スマートフォン(スマホ)アプリとなっている。

昨年9月から提供を始めており、利用者は自分が持っている衣服をスマホで撮影して登録・公開をする。また、ほかの利用者が公開している衣服の中から気に入ったものを組み合わせてコーディネートを考案することも可能となっている。

リニューアルの際につけられる新機能が「着まわしの募集」機能だ。

これは自分が登録をしている衣服を基に他の利用者にコーディネート、投稿をしてもらうといったもので、投稿してもらった複数のアイデアの中から気に入ったものを選ぶことができる。

良い案を出してくれた人をランキング付けすることもでき、「フォロー」されることで評価が上がるようになっている。

 

その他新機能として流行の着まわしの紹介コーナーなども設置!!

はやっている着まわしを定期的に紹介するコーナーや手持ちのものと似た衣服を基に着まわしを検索できるコーナーを新設するとしている。

たとえば「ピンクのシャツ」などのキーワードをもとに着まわしの検索をすることもできるようになる。

今後は「バーチャル試着」ができたりする機能を有料で設けることを検討する。

 

毎日の衣服の着まわしに悩んでいる女性達の動きに注目していきたい。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

近畿圏には女性の社長が多いの!?

株式会社における代表取締役または代表執行役もしくは、持分会社において代表社員のことを、一般的に会社の顔として「社長」の役職がある。 女性の社会進出が顕著になってきているといえど、まだまだ男性社長が多いイメージが強いが、近 […]

詳細を見る

待機児童解消のために公園に保育所を開設!?

共働き世帯が増えていることから、東京都内を中心に問題となっているのは待機児童問題だ。 保育園は定員を増やすなどの対応を行っているが追いついていないのがほとんどだ。 そうした中、新たな対策として公園内に認可保育園を開設する […]

詳細を見る

サービス付き高齢者向け住宅と訪問介護が連携!?

少子高齢化が進んでいる中、需要が高まっているのはデイサービスだけではない。 サービス付き高齢者住宅の需要が高まっており、いかにサービスの質を充実させて顧客を取り込むかとうところで競争が起きている。 そうした中、積水ハウス […]

詳細を見る