ミニストップがファストフードにテコ入れ。「食」を強化。

ポテト

ミニストップが店内で調理するファストフードのテコ入れを開始した。

ポテトやパフェなど新商品を相次いで発売しており、セブン-イレブン・ジャパンなど大手3社との規模の差をファストフードで顧客の繋ぎとめに繋げるとしている。

 

独自色を打ち出し顧客を繋ぎとめ!!ファストフードを充実。

ミニストップの既存店客数は2月以降、前年同期を下回りを続けており、当初の想定以上に「安さ」や「こだわり」を重視する流れが強まっており、その反転攻勢の要となるのがファストフードとされている。

1号店から店内調理のフライドチキンやソフトクリームを販売しており、氷スイーツの「ハロハロ」やパフェといった派生商品の固定客は多いため、今秋からは素材にこだわりつつ、レジの横に置く揚げ物などの「カウンターフード」の強化を行う。

ヨーロッパ産のジャガイモを使ったハッシュドポテト(198円)や秋冬限定の「なめらかプリンパフェ」(303円)を発売するとしている。

さらに10月には「プレミアム安穏芋ソフト」(予定価格320円)など矢継ぎ早に新商品を展開するとしている。

国内コンビニ業界では3位だったファミリーマートと4位だったサークルKサンクスが経営統合を行い、新たにファミリーマートが規模を拡大している。

同社はコンビニ業界で生き残るためには、規模の大きさか、特徴のある企業になる必要があるとしており、ファストフードの売上構成比が計画より下回ったことから、どこまで顧客の支持を得られるのか、今後の生き残りがかかっていると見られている。

【「日経MJ」より一部抜粋。】

 

【関連リンク】


関連記事

値下げラッシュで攻勢をかけるバーガーキング。客数重視で他社に対抗。

バーガーキング・ジャパン(東京・渋谷)は値下げラッシュで競合他社に客数で対抗するとしている。 8月から月替わりでハンバーガー単品を値下げするとしており、競合チェーンより高いイメージを払拭する狙いだ。   「月得 […]

詳細を見る

中東の観光客がタイに増えつつある!?注目が集まるタイ。

観光大国のタイでは、年間約3000万人の外国人が訪れており、医療ケアやショッピングなど目的は様々だが、じわじわと観光客数が増えているようだ。   LCC就航も追い風に。買い物、医療で呼びこみ。 タイの首都バンコ […]

詳細を見る

「タリーズコーヒー」ブランドのコーヒー飲料が人気に。

毎朝、まずはコーヒーを飲むという人は多いのではないだろうか。 ほろ苦い味と鼻から抜ける香りは朝にぴったりな飲み物と言えるだろう。 伊藤園の「タリーズコーヒー」ブランドのコーヒー飲料が今人気となっている。   タ […]

詳細を見る