リゾート物件復活へ!?シニア購入が盛んに。

リゾートマンション

不動産中堅のふージャースコーポレーションがリゾートマンションを展開している。

このほど長野県軽井沢町で圧バイしたほか、北海道や沖縄県、静岡県などでも開発を進めていくとしている。

市場の低迷が課題となっていたが、1年間の一定期間を夫婦で暮らしたいというシニアのニーズが高まっており、富裕層のシニアをターゲットに市場を開発していく。

 

一定期間を夫婦で過ごすためにリゾートマンションへ。

軽井沢で発売したリゾートマンションは地上2階建てで総戸数は19戸。

渇区は5600~7400万円だという。今後、沖縄県などでは100戸以上の大型マンションの開発も検討しているようで、神奈川や京都なども対象地域としている。

リゾートマンション開発に本格的に踏み切った背景には、軽井沢で販売した1号店の売れ行きが好調だったという背景がある。

60代の都内在住者が1年間のうち、一定期間を同マンションで暮らしたいというニーズが増えているようで、そうした人々の需要を取り込む考えだ。

同物件は都心からのアクセスも良く、軽井沢銀座商店街が徒歩圏内にあるという立地の良さだ。

最近のリゾートマンションにおいては、バブル期のように調度品や華美な装飾を設けることが多かったが、今の消費者は機能面の充実を望んでいるため、居心地の良さをアピールしていくとしている。

バブル崩壊後は2000年代まで年間の販売戸数が2千戸にも満たない時期が続いていたが、ここにきてシニアの需要が高まりだしたようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ロボット外骨格で介護や運搬が楽になる!?

近頃のIT(情報技術)の進化はめまぐるしく、同時にロボット関連の進化も著しい。 パナソニックとその子会社のアクティブリンクは、各種のロボット外骨格を紹介する動画を掲載して話題を呼んでいるようだ。   ロボット外 […]

詳細を見る

会話ロボにジムのような介護施設。広まるシニア層向けビジネス。

少子高齢化が嘆かれている日本において、一層注目が集まっているのはシニア層向けのビジネスだ。 高齢者が急増していることから、デイサービスなどの福祉業界に異業種の参入が相次いでいたのは記憶に新しい。 しかし、今注目を集めてい […]

詳細を見る

自分の中にあるイメージを形にしよう!アート公募!

アートと一口に言えど、平面から立体、無形から有形など様々なものが世の中には存在する。今回紹介するのは、3種のそれぞれ異なる、アートに関する公募です。 受賞者はアーティストとしてスポンサーがつく!? 寺田倉庫が主催するのは […]

詳細を見る