リゾート物件復活へ!?シニア購入が盛んに。

リゾートマンション

不動産中堅のふージャースコーポレーションがリゾートマンションを展開している。

このほど長野県軽井沢町で圧バイしたほか、北海道や沖縄県、静岡県などでも開発を進めていくとしている。

市場の低迷が課題となっていたが、1年間の一定期間を夫婦で暮らしたいというシニアのニーズが高まっており、富裕層のシニアをターゲットに市場を開発していく。

 

一定期間を夫婦で過ごすためにリゾートマンションへ。

軽井沢で発売したリゾートマンションは地上2階建てで総戸数は19戸。

渇区は5600~7400万円だという。今後、沖縄県などでは100戸以上の大型マンションの開発も検討しているようで、神奈川や京都なども対象地域としている。

リゾートマンション開発に本格的に踏み切った背景には、軽井沢で販売した1号店の売れ行きが好調だったという背景がある。

60代の都内在住者が1年間のうち、一定期間を同マンションで暮らしたいというニーズが増えているようで、そうした人々の需要を取り込む考えだ。

同物件は都心からのアクセスも良く、軽井沢銀座商店街が徒歩圏内にあるという立地の良さだ。

最近のリゾートマンションにおいては、バブル期のように調度品や華美な装飾を設けることが多かったが、今の消費者は機能面の充実を望んでいるため、居心地の良さをアピールしていくとしている。

バブル崩壊後は2000年代まで年間の販売戸数が2千戸にも満たない時期が続いていたが、ここにきてシニアの需要が高まりだしたようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

医療・福祉の就業者が約10万人増えている!?

総務省が公開した2015年国勢調査の抽出速報集計結果では、卸・小売の就業者数は20万人減り、逆に医療・福祉については約10万人が増えたという。 この背景には働く女性の存在感の高まりがあるようだ。   国勢調査で […]

詳細を見る

生協が提案力に磨き顧客データを分析・活用へ。

メール

生協はコープの配達員全員にスマホを配備した。 これは、組合員の要望を汲み取るための策の一環で、コープさっぽろ(札幌市)ではスマホを片手に注文履歴を参考に「御用聞き」をする。 また、コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は […]

詳細を見る

老後の生活費は大丈夫!?退職後の支出について考えよう!!

少子高齢化の時代となり、今後さらに高齢者が増えていくと考えられる。 ただ、老後の生活が不安といった人も多いだろう。 その不安の一つとして「老後の生活費=老後はどれくらいかかるか」といったところになるだろう。 老後の生活に […]

詳細を見る