海苔大手が需要喚起を煽る新商品導入へ!!

海苔大手が需要喚起を煽る新商品導入へ!!

海苔大手メーカーが秋の新商品で巻き返しを図るとしている。

特に家庭向け海苔が需要不振が続いているほか、主要原産地の有明海では不作が続いていることから価格が高騰している。

メーカーは栄養面や機能面をアピールし売りこむ。

 

新商品で海苔需要を巻き返せるか!?

海苔の2015年の推定消費量は87億枚で、05年と比較して8%減少している。

そして13年からは不作続きで海苔の価格が高騰したことを受け、さらに過程での消費量が減少した。

贈答需要についても猛暑の年は麺類や飲料に流れてしまうため苦戦が続いている。

そこで、各社は家庭向け加工品の需要を喚起するために試行錯誤をめぐらせている。

ニコニコのり(大阪市)はアマニ油を20%配合した「韓国伝統のり アマニ油入」を発売する。

アマニ油はアンチエイジングや美肌効果があるとされており、マヨネーズなどでの利用が拡大している。

そして同じく発売予定の「にぎらずし酢のり」は、海苔に出汁と酢を染み込ませたもので、普通のご飯をのせるだけでまるで酢飯のような風味が出るという商品だ。

大森屋は武庫川女子大学と共同開発したふりかけ「べじふり」を8月に発売する。

栄養素の高さをアピールし、20~30代の女性の需要を開拓するとしている。

同学科の学生と海苔を使った料理コンテストも開発しており、ホームページ上でレシピの提案も行っている。

16年は海苔だけでなく炭水化物ダイエットなどの影響でコメ離れが懸念されている。

若い女性を捕らえるには、食べ方の提案が重要になりそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

大森屋

ニコニコのり

武庫川女子大学


関連記事

心のドキドキを検知する機能「ときめきセンサー」って?

人は驚いた時や好きな人と一緒に居る時など血管が心臓の動きが早くなり、血管が脈打ち、いわゆるドキドキした状態となる。 その心のドキドキを検出する機能である「ときめきセンサー」をロームが開発したようだ。   女性か […]

詳細を見る

中国広州でナンバープレートが70万円に!?

日本のお隣、中国は圧倒的な人口を誇っており、街は人はもちろん自動車で溢れかえっている。 もはや車は生活に必須だという人も居るくらいだ。 しかし、広東省広州市では異変が起こっているという。   ナンバープレートを […]

詳細を見る

日本マクドナルドの新メニューはなぜ消えた!?

ハンバーガーを食べる男性

日本マクドナルドは平日昼限定の低価格セットメニュー「バリューランチ」を圧倍するとしている。 今までとは違い、ハンバーガー類とドリンク類だけの「コンビ」を新たに400円で販売するとしている。   単価より客数。低 […]

詳細を見る