海苔大手が需要喚起を煽る新商品導入へ!!

海苔大手が需要喚起を煽る新商品導入へ!!

海苔大手メーカーが秋の新商品で巻き返しを図るとしている。

特に家庭向け海苔が需要不振が続いているほか、主要原産地の有明海では不作が続いていることから価格が高騰している。

メーカーは栄養面や機能面をアピールし売りこむ。

 

新商品で海苔需要を巻き返せるか!?

海苔の2015年の推定消費量は87億枚で、05年と比較して8%減少している。

そして13年からは不作続きで海苔の価格が高騰したことを受け、さらに過程での消費量が減少した。

贈答需要についても猛暑の年は麺類や飲料に流れてしまうため苦戦が続いている。

そこで、各社は家庭向け加工品の需要を喚起するために試行錯誤をめぐらせている。

ニコニコのり(大阪市)はアマニ油を20%配合した「韓国伝統のり アマニ油入」を発売する。

アマニ油はアンチエイジングや美肌効果があるとされており、マヨネーズなどでの利用が拡大している。

そして同じく発売予定の「にぎらずし酢のり」は、海苔に出汁と酢を染み込ませたもので、普通のご飯をのせるだけでまるで酢飯のような風味が出るという商品だ。

大森屋は武庫川女子大学と共同開発したふりかけ「べじふり」を8月に発売する。

栄養素の高さをアピールし、20~30代の女性の需要を開拓するとしている。

同学科の学生と海苔を使った料理コンテストも開発しており、ホームページ上でレシピの提案も行っている。

16年は海苔だけでなく炭水化物ダイエットなどの影響でコメ離れが懸念されている。

若い女性を捕らえるには、食べ方の提案が重要になりそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】

【関連リンク】

大森屋

ニコニコのり

武庫川女子大学


関連記事

ノンフィクションなリアルなエピソードを大募集!

絵本や物語など、様々な公募があるが、どれも想像などを元にした「作り話」だが、今回の公募はノンフィクションのエピソードの募集だ。 現代社会に関する、感動、癒しを呼ぶノンフィクション! 小学館「週刊ポスト」「女性セブン」「S […]

詳細を見る

医療施設に小売店や飲食店が併設!?シンガポールに新時代到来。

シンガポールで本格的な小売店や飲食店を併設した医療施設が増えているようだ。 ショッピングモール並みの大型フードコートを持つ公立病院が誕生したほか、専門医のクリニックと小売店が同居した複合施設が開発されているようだ。 &n […]

詳細を見る

ロボット外骨格で介護や運搬が楽になる!?

近頃のIT(情報技術)の進化はめまぐるしく、同時にロボット関連の進化も著しい。 パナソニックとその子会社のアクティブリンクは、各種のロボット外骨格を紹介する動画を掲載して話題を呼んでいるようだ。   ロボット外 […]

詳細を見る