ダイエーがシニア向けに買い物代行サービスを開始。

配送をする男性

ダイエーは顧客宅への商品の配送を専任に行う「コンシェルジュ」の配置を開始する。

利用対象者を60歳以上に限定し、受注は電話かFAXだけで行うとしている。

受注から配送までを一貫して同じ担当者が行うとしており、利用者と個人的な関係を構築して顧客の囲い込みにつなげたい考えだ。

 

信頼構築をして細かいニーズに応えるシニア向けサービス。

ダイエーが新たに追加したサービス「お買物らくらく便」の実験を東京・板橋サンゼリゼ店で行ってきたが、12月1日から本格運用を開始するとしている。

毎日午前10時~午後0時半に注文を受け付けて、午後2時~5時半に配送を行うとしている。

生鮮品や加工食品、日用品などカタログに記載する約550品目を対象に、店舗にある商品について応じてできる限りの対応を行う。

支払い方法は商品券か現金、将来的には専用端末でクレジットカード決済にも対応する方針だ。

配達量は税込324円で、2000円以上の買い物で無料となる仕組みになっている。

別途、購入額に関わらず買物代行手数料が1回につき216円かかる。

配送は店舗があるマンション一体型の施設の住民だけを対象としており、今後は対象店舗を拡大して、地域を区切ってサービス提供を行う予定だ。

顧客宅への商品宅配はスーパーなどが手がけているが、専任担当者を置いてシニア限定でサービスを行うケースは珍しい。

ダイエーは新サービスで近隣住民の加齢による利用減を防ぐことを目的としているようだ。

【「日経MJ」より抜粋。】


関連記事

改正労働者派遣法徹底解説セミナー開催!!

10月1日から労働者派遣法が変わったがご存知だろうか。 人材派遣会社やその担当者なら抑えておきたい情報だ。 もし、もっとしっかりと改正される労働者派遣法について知りたい!勉強したい!という人はセミナーを受けてみてはいかが […]

詳細を見る

新たに義務化されるメンタルヘルス対策セミナーを受けよう!!

昨年、労働安全衛生法の一部改正に伴い、常時50人以上の従業員を使用する事業場はストレスチェックと面接指導の実施等が今年12月から義務化されます。 しかし、一体、どのようにしてメンタルヘルス対策をすればいいかわからないとい […]

詳細を見る

時給引き上げするも人手不足で経営に打撃。事業拡大拒む要因に。

人材

流通サービス業で特に深刻な人手不足となっており、経営の足かせとなっているようだ。 その他、飲食店や食品販売、旅館・ホテルなどにおいても半数以上が人手不足で悩んでいるようだ。   人材難一段と深刻に。流通サービス […]

詳細を見る