賃貸入居者、アプリで支援開始!

phone

IT(情報技術)コンサルタントを手がけているウィルナス(東京・豊島)は、賃貸マンションの入居者に様々なサービスを提供するアプリ「エンカク」を開発したことで話題となっている。

照明やカギを遠隔操作できるアプリでより便利に!?

東証マザーズ上場の不動産会社、アンビジョンと組んで、11月に同社が持つ東京・大田のマンション5階を「エンカク」に対応するとしている。

これは、入居者がスマートフォン(スマホ)にアプリを入れることで、ドアの世情や電気の消費状況の確認、消灯が遠くに離れていても可能になるというものだ。

費用は1部屋で月額5800円程度といったところで、この費用は利用者ではなく管理会社が負担する。

マンションごとにゴミ出しのルールなど暮らしのサポート情報を送るとしている。

長く入居した人向けには、入居期間に応じてアプリにポイントがたまる仕組みで、そのポイントに応じて賃料を割り引くとしている。

また、居住地域の飲食店や小売などとも連携しており、エンカクのユーザーはポイントを消費することで商品と交換できるクーポンをもらうことができるようになる。

転勤などで引っ越しをする入居者には、その人の年収や希望地域といった情報から人工知能(AI)がおすすめの物件を選んで、アプリに通知するという流れになっており、同じ管理会社の物件を紹介する。

アプリには英中韓タイの外国語バージョンも準備しており、民泊の認可拡大を受けて、外国人の利用を取り込む狙いもあるようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

リンガーハットがちゃんぽんを7%の値上げ実施。

「長崎ちゃんぽん」などで有名なリンガーハットが、ちゃんぽんを7%値上げするとしている。 人件費の上昇や原材料費の高騰などが値上げの主な理由のようだ。   人件費や材料費を吸収しつつ、客離れを抑えられるか!? 「 […]

詳細を見る

ネコノミクスによる経済効果!?猫ブームが及ぼす影響とは!?

今、空前の猫ブームが起きており、経済にも影響を及ぼすレベルとなっているようだ。 まさにアベノミクスではなくネコノミクスといった状態となっている。 一体どのような経済効果が波及しているのだろうか。   空前の猫ブ […]

詳細を見る

仕事はやっぱり見た目が大事!?若者には高級ビジネスウエアが人気!!

仕事をする際の服は何を着ていますか? 職業によって様々かと思います。 スーツの人も居れば、作業着や制服、そしてオフィスカジュアルなのでカチッとした普段着を着て仕事をしているという人も居るでしょう。 最近はクールビズやウォ […]

詳細を見る