賃貸入居者、アプリで支援開始!

phone

IT(情報技術)コンサルタントを手がけているウィルナス(東京・豊島)は、賃貸マンションの入居者に様々なサービスを提供するアプリ「エンカク」を開発したことで話題となっている。

照明やカギを遠隔操作できるアプリでより便利に!?

東証マザーズ上場の不動産会社、アンビジョンと組んで、11月に同社が持つ東京・大田のマンション5階を「エンカク」に対応するとしている。

これは、入居者がスマートフォン(スマホ)にアプリを入れることで、ドアの世情や電気の消費状況の確認、消灯が遠くに離れていても可能になるというものだ。

費用は1部屋で月額5800円程度といったところで、この費用は利用者ではなく管理会社が負担する。

マンションごとにゴミ出しのルールなど暮らしのサポート情報を送るとしている。

長く入居した人向けには、入居期間に応じてアプリにポイントがたまる仕組みで、そのポイントに応じて賃料を割り引くとしている。

また、居住地域の飲食店や小売などとも連携しており、エンカクのユーザーはポイントを消費することで商品と交換できるクーポンをもらうことができるようになる。

転勤などで引っ越しをする入居者には、その人の年収や希望地域といった情報から人工知能(AI)がおすすめの物件を選んで、アプリに通知するという流れになっており、同じ管理会社の物件を紹介する。

アプリには英中韓タイの外国語バージョンも準備しており、民泊の認可拡大を受けて、外国人の利用を取り込む狙いもあるようだ。

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

はなまるうどんがショッピングセンターに続々!!フードコートへの出店強化の動き。

吉野家ホールディングス傘下でうどん店を展開しているはなまるは、前期よりショッピングセンター(SC)内のフードコート出店を強化しており、約40点をSC内に出店することを決めている。   中四国・九州を強化し収益源 […]

詳細を見る

世界的に進む高齢化とそれに対する取り組み

平均寿命が年々高くなり、出生率も低下が続いているのは日本だけのように思えるが、実は世界的にみてもこの傾向にあり、特に先進国においてはその傾向が顕著に出ているこれらが進むことで今後どうなっていくのだろうか。 高齢化が進むと […]

詳細を見る

女性にぴったり!!ミニストップが野菜たっぷりサンドを発売!!

コンビニ業界の競争は依然として激しく、大手コンビニエンスストア各社ではドーナツと合わせてコーヒーの販売を強化するほか、通販で購入した商品をコンビニの店頭で受け取れるようにするサービスを始めるなどサービスの強化を進めている […]

詳細を見る